sudoteck.way-nifty.com > SCHEMATICS

TA7310応用回路
TA7310P内部回路
9v→ ±4.5V変換回路
ICOM IC780 ±9VAVRs
T/R電源スイッチ回路
Wideband VCO 62MHz -131MHz
FT101Z Width Mixer
Tuned RF AMP 25MHZ 〜520MHz
3TR Video AMP
12.395MHz Xtal filter & MOD
FT101Z counter input
450MHz 35W Diode TX & RX SW
R599 IF
ICOM IC780 ANT Tuner
TRIO 6R4 MIXER
IC700R RF & MIX
各社VCOループフィルター回路
UHF VCO2
ICOM IC-710 PLL & VCO
ワンチップAMラジオ
低雑音電源回路
TA7310 38MHz VCO & PLL_Mix
TRIO R-599 AF AMP
R-599 144MHz Converter Local OSC
ALC MIC AMP
R599 Meter/AGC 回路
455kHz AM IF AMP
MUSIC MAN Hyblid Guiter AMP
Nakamichi DT-550 DC/DCコンバーター
Nakamichi DT550 Meter AMP
38KHz 100W MOS Switching AMP
ICOM IC-756 FAN Drive
TRIO R-599 IF DET
ICOM IC700T VOX Unit
IC756 VCO Unit
YAESU FT-ONE MIXER
各社ディスクリート定電圧回路
ICOM IC750A Mod Unit
ADF4360-8 250MHz VCO & PLL
TRIO JR-599 +9V AVR
ICOM  IC721 RF MIX
YAESU FT-ONE RX
MOS FET 45W Switching AMP
1.1GHz 1/10 Ref PLL
TRIO TS670 FM det Unit
GaN-HEMT 200W Push-Pull AMP
KENWOOD TS-430S RX Mixer
MRF255(MOS-FET) 2M~60M Power AMP
TRIO T599 Modulation Unit
UHF VCO
FM トランシバー PLL
YAESU FT101Z VFO
Opamp VCO
YAESU FT757 Power AMP
ICOM IC756 Power AMP
TS820 VCO Unit
2.4GHz VCO
ICOM IC-730 VCO
YAESU FT101B VFO
TRIO JR-599 VCO 5MHz
MRF255

<< 前 | トップページ | 次 >>

T/R電源スイッチ回路

T/R電源スイッチ回路

トランシーバーなどによく使われる。2石(3石)の簡単な送受信電源切り替えスイッチ回路です。NPN と PNPのトランジスターを使って最小限の回路で電源を切り替えることが出来ます。図の回路では Ic 100mA 程度の切り替えですが、トランジスターを選ぶことによって大きな電流を切り替えることが出来ます。
 動作原理は通常受信状態では 電源からベースに繋がる抵抗によって、NPNトランジスターが ONして、ベースの電圧がエミッタに出力されます。この回路では受信電源として電圧変動に対して安定させたい為、ツェナーダイオードで 12V を安定化して 11V をトランジスターのベースに加えています。トランジスタのベースエミッター間の電圧降下でエミッタには 10.3V程度の簡易的に安定化された電圧が出力されますので、電池を使った場合など電圧変動に敏感なハンディ機には有効だと考えます。
 最近では Low Drop タイプの安定化 ICがありますが、切り替え回路と同時に安定化出来るのが簡易型のメリットです。 VCO などには個別に IC を入れた方が良いかも知れません。
 送信回路の動作を説明すると、スイッチを押すか、切り替えトランジスタに High をかけるかした場合に、 RX 用のNPNトランジスターのベース電圧がダイオードを通じて GND にショートされますので、ダイオードの順方向電圧がベースにかかりますが、トランジスターのベースエミッタ電圧と相殺されて、 RX電圧は OFF になります。
そして 送信側の PNPトランジスターのベースが R1 抵抗を通じて GND に電流が流れますから、TX端子にコレクタ・エミッタ間の電圧降下はありますので、 12V -0.3V = 11.7V 程度の電圧が出力されます。電流を多く流したい場合はトランジスタを高容量のものに変えますが、仮に 1A 流せて、電流増幅率 hfe が 100 程度のトランジスターの場合 1A ÷ 100 = 10mA 程度のベース電流が必要ですので、 R1 は ( 12V -0.7V)÷0.01A = 1130 Ω ぐらいは必要になります。 hfe は電流を流した場合減少傾向になるので余裕を見て 820Ω ぐらいに設定するのがよいかと思います。
また、この場合抵抗には (12V-0.7V) x(12V-0.7V)/820Ω = 0.15W 程電力消費しますので、 1/4W 程度が必要になります。この抵抗の電力を減らしたい場合はPNP トランジスターをダーリントン接続などにします。

固定リンク