楽に産も! サポートページ

SUDOTECK はお産支援アプリ 「楽に産も!」をリリースしました。
このアプリはお産の陣痛を乗り切って楽に産もう!という目的のものです。
Version 1.00

*陣痛のしくみについて
陣痛は下の図のように痛みが強く続く陣痛期間と、痛みのない期間があり、痛みの始まるときの時間間隔を陣痛周期と呼んでいます。
 痛みの期間は1分間から1分半程度で初期の期間では陣痛周期が30分から15分程度なのでほんの少しの間なのですが、当人にとってはいつ終わるかわからない強烈な痛みで、「このまま永遠に続くのでは...」と不安になるものだそうです。
 それで、陣痛の期間の長さを測っておいて、陣痛が来たら前回の期間からピークを予測して「半分過ぎたよ」って教えてあげるだけで「もう半分だ、がんばろう」と頑張れるものだそうです。

PainPeriod
 
それで、今回のアプリは陣痛期間を測定し、半分過ぎたのをアナウンスする機能を中心にしました。
 妻の助言で、ひとりで使っている時もアナウンスで半分の時間がわかるよう、音声ガイド、メロディを選択できるようにしたことと、陣痛の山を登り切るための赤ちゃんのハイハイのアニメーションをつけて、いまどの段階にいるかを分かるようにしました。
 また、概略ですが陣痛間隔から算出して誕生までの過程がわかるよう、プログレスバーもつけました。
 操作はとにかく陣痛が始まったらツールバー中央のスタート/ストップボタンを押して赤ちゃんの動くアニメを見ながら陣痛をこらえ、終わったと感じたらまたスタート/ストップボタンを押すだけです。自動的に陣痛の継続時間と陣痛間隔を計算して、記録します。
 直近のデーターで平均化して判定しますが、明らかに間違いのデーターがあると除去して計算しますが、慌てず正確に押してください。
 ツールバーの左の画面切り替えボタンで記録を見ることができます。


説明
1) メイン画面

 

中央のボタン:陣痛の半分経過時のアナウンスを音声にするか、メロディにするか、消音かを選択します。

陣痛周期:計算した陣痛周期を表示します。

時間経過:陣痛が始まってスタートボタンを押してからの経過時間を示します。
立ち上げ直後は立ち上げてからの時間を表示します。
Infoボタン:本アプリのバージョンを示し、サポートHPに移動することが出来ます。

[ツールバー]
画面切り替えボタン:左端
記録画面に切り替えます。
スタート/ストップボタン:陣痛期間の測定開始、終了時に押します

 
 

陣痛中の画面
( RUNNING...)の表示

赤ちゃんのアニメーションがスタートしています

中央のアイコンはメロディ音設定です。

 
 

陣痛中央時の画面

赤ちゃんが中央の山に登りきっています。
陣痛期間の半分を示しています
中央のアイコンは消音時設定です。

 
 

陣痛中央時の画面

赤ちゃんが中央の山から降りて陣痛後期を示します。
この図では陣痛周期が10分を切っていますので
「病院に行きましょう」の案内が表示されています。


2)記録画面

 

[テーブル」
開始:陣痛開始の日時・時間を表示します。
周期:直前の陣痛との間隔を表示します。
[黄色いエリア]
ステータス:現在陣痛測定中か、停止中かを表示します。
時間経過:中央
 陣痛が始まってスタートボタンを押してからの経過時間を示します。
記録を消すボタン:記録されたデーターをすべて消します。
 練習したデーターなど、本番前に消したい時に使います。
[ツールバー]
画面切り替えボタン:左端
 メイン画面に切り替えます。
スタート/ストップボタン:
 陣痛期間の測定開始、終了時に押します


3) バージョン 1.0

 

PS : 長女はその後すくすくと育ち現在は産婦人科めざす研修医です。
 このソフトに対しても助言してもらいましたが、使った方の感想を
 いただき、バージョンアップしたいと思います

 

 

 


 サポートブログへ | English