SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

日記・コラム・つぶやき

2017年1月11日 (水)

2017年 謹賀新年

もう 寒中見舞いの時期になってしまいましたが、今年初なので 謹賀新年 です。

冬だというのに我が家の植物たちは元気で、コーヒーの木はもとより、ハーブのバジルも花を咲かせて元気です。バジルの花ってあんまり見たことが無いようなので、アップしてみます。
Photo
ペンタックスK-5で撮ろうかと思ったのですが、どうもピントが悪いのか手ぶれ機構が劣化したのか拡大すると細かいところが潰れるので、これは Panasonic FZ300 で撮りました。マニュアルでピント合わせました。Photoshopで解像度半分に落としてます。
花は3〜5mm ほどなのですが、白くて綺麗ですね。この前は種として落ちた土から芽が生えてきました。
 最近のトラ技もどうもラズパイやArduino ばかりで、ちょっと本格的なアナログ話題が出ないかなーと、待ちくたびれていますが、RFワールド記事のの 500MHzまでのネットアナの基板を買ったので、正月休みにケースに穴を開けて組み込みました。
 以前使っていた外国製の VNA よりも PCアプリが簡単で、USB認識も楽なので、こちらを多用しそうです。

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。
Hatsuhinode2016
*最近は特許がらみやノウハウを書けない案件が多くて、いまやってる仕事の内容を書けないので(サボっているのもありますが)更新が遅れています。
 本年はもうすこし別な面でも色々書いていきたいと思います。

2015年1月 7日 (水)

謹賀新年 2015

2015年 あけましておめでとうございます。
Shinnnenn

 昨年末から緊急の仕事で、ブログ更新もままならない忙しさでした。
ようやくメドが立ち、ほっとしたのと同時に風邪をひいてしまったようです。
 あまり公表できない仕事内容なので、まだ書けませんが、 SiC -FET を使って高電圧をスイッチングする仕事で、設計前に Spice を使っておおよそのドライブ電流や、トランジェント電圧など予想できたので、ハード的には苦労なく完成しました。
 今年も何か新しいことにチャレンジしようと、Raspberry-Pi やIOS用のBlutooth基板などを、手に入れて動かしてみたりしています。
 本年もご愛顧の程宜しくお願いします。

2013年10月22日 (火)

ワクワクするソフトのはなし

ワクワクするソフトとは

以下は日経トレンディネットの戸田 覚氏の記事
------------------------------------------------------------------------

残念だがWindows 8.1はパソコン復権の
起爆剤にはならない

...
10年程前まで、パソコンの新しいソフトが登場するとワクワクして、雑誌や書籍を購入したものだ。ところが最近では、そんな気持ちになれないのがとても悲しい。

------------------------------------------------------------------------
ほんとうに同感です。
私は MAC を主に使っているのですが、初めて使った Photoshop 3.0の
ブラシのスムーズさや、画像修正の多機能さ。
File Maker のリレーショナルデーターベースの作成の容易さと
抽出や画面レイアウトの UI のよさに感動したものでした。
 MAC Draw というベクトル描画のソフトや、3D景観作成ソフトなど
新しいソフトには、期待とワクワク感がありました。
決して今のソフトが劣っているわけではないんですが、
「このソフトを使ったら、こんなことができるかも..」という
期待が「これをするにはあのソフトを使えばいい」と、どちらかというと
今ではソフトの選択や、使い勝手を確認したりするために書籍を読む....
なんてことが多くなっています。
 Windows用の最新 Office2013も買ってみたけれど、何か新しい書類を作るには手慣れた OfficeMAC2011のほうが楽なので、未だにSkyDriveは空っぽです。別に 2013でないと作れない書類はないですよね..

 初めてビデオにパソコン画面がスーパーインポーズできる機種を買ったときは、まだ iMovie も Premiere も なかったから、BASICで画面操作をして作りました。まだフォントも 24ドットしかなくてギザギザだったけど、ワクワクしてました。
 一体型のモノクロMAC SE/30は80MHDDで 75万円。PowerMacG4 + Cinema Display は90万円したけど ワクワクでした。
今では10万超えるパソコンはよほどワクワク感がわかないと、ちょっと考えてしまうし、10万以下でも、中古やオークションで値がこなれた頃に買います。
最近ちょっとワクワクしたのは ThinkPad X1 Carbon ぐらいかな?
Unknown1

 もう一度ワクワク出来るソフトってなんだろう?
だれでも簡単に iPad でオーサリングできるソフトを作れる、フルカラーの HyperCard(って知ってますか?)みたいなソフトがほしいなぁ...
もちろんプログラミングが出来ないと面白くないので、ボタンとかにコードがかけるやつがいいなぁ..

Unknown


2013年1月12日 (土)

フクシマのお米を買いました

震災前には近くのスーパーでもあった福島産のお米が、最近では全く見られなくなっています。

確かに震災直後23年度の米の放射線検査で、出荷見合わせの地域があったからでしょうが、24年度はすべて基準値をクリアしているそうなのです。
20130112_131338
この表示は福島県のホームページからなのですが、出荷禁止になったときはマスコミが騒ぐのですが農家ががんばって水田を改良・除染してせっかく問題無い米を作っても、ちっとも宣伝すらしてくれてないですね。
で、今回頼んだのはここ
Toptitle
 コシヒカリもあるのですが、福島らしい
24年産《新米》五百川米 10kg
にしてみました。
一昨日届いてまだ食べてはいないのですが、おまけに野菜と手書きのお礼状も入っていました。
6
福島のネット販売をまとめたページがここにありました。
すこしでも協力したいですね。

2012年12月 8日 (土)

ノンポリのはなし

ノンポリとは

検索で「ノンポリ」と入れると、次のタイトルがヒットしました。
確かに、70年代私の学生時代に使ってました。
今は使わなくなったのかなぁ?
調べると今は「無党派」が近いようです。
学生の頃は学生運動に無関心な層、あるいはセクト?のグループに入っていない層のことだと思っていたのですが、ある意味
ノンポリ=ノン・ポリシー
みたいな、あの時代に「政治に関心がないのはおかしい」との非難みたいな意味で呼ばれていました。
Sakamoto
 あの「坂本龍一」さんも学生時代デモに参加したそうですので、今の「さよなら原発」の官邸前集会みたいな何か自分も動かなければ...という雰囲気が、あの時代には確かにありました。
 その頃の若者が今様々な分野で実績を重ね、退職する時期になっています。高度成長時代を夢見て、経験した我々と違って、今の若い人はなかなか将来に展望を持てないでいるようです。
 しかしながら、私達が希望として持ち続けている科学技術の発展の展望は、高効率の太陽電池や効率の高いインバーター、安価な家庭用蓄電池など、原発に替わる新しいエネルギー産業の発展の可能性です。
*はなしはそれますが、実は日産リーフを本気で買おうかとも思ったのは、前の「計画停電」のころです。今は30万ほどで、リーフの電池を使って家庭用電源に繋げる装置が買えるようです。エアコンまでは回せないにしても、通常のテレビ、照明等は十分まかなえるそうで、リーフの値段とスタイルがもうちょっと良かったら実現していたかも知れませんが、太陽光発電と組み合わせれば、電力会社に依存しない生活がもうすこしでやってきそうです。
 衆議院選挙が始まって、様々な議論がされていますが、マニュフェストが実現されなくて政治にがっかりしている人も多いかと思います。
 ちょっとこの際色々調べてみると、例えば「消費税」を造った内閣は1988年の竹下内閣、その時の運輸大臣が石原慎太郎、内閣官房長官が小沢一郎ですね。その後、5%に引き上げたのが、1997年の村山内閣で、これで社会党がなくなって、社民党になったのですね。インターネットの利点で色々過去のことも調べられますし、何をやってきたか改めて思い出すことが出来ます。ちょっと調べてみませんか?
 幸い最近は、ノン-ポリ な層は減っているみたいですし...

2012年10月 5日 (金)

ありがとう Steve のはなし

Steve とは 亡くなって今日10月5日で一年の Apple 創設者 Steve Jobs のことです。

彼の残したものはたくさんありますが、技術者にとって大事な点は「ユーザーが迷わない」製品作りではないかと私は思います。
Img_0610
この写真は私が持っている Apple製のマウスです。左から黄色に変色してしまった Macintosh SE/30 付属の ADBマウス(初めはもっと白い色でした)。次が LC630 付属の ADBマウス、中央が PowerMac G4付属のUSBマウス( 初代iMacと同じ)USBケーブルは他の用途に外して使われてしまいました。次が Apple Wireress マウス。BlueTooth 接続でマウス全体がボタンになっているモノ。いちばん右が現役の Apple Magic mouse です。全てのマウスに共通しているのが1ボタン(もしくはボタンがない?)ということです。
初期に作られたマウスはXEROX などワークステーションに使われていましたが、3ボタンなどあって、一般人にはどれを押したら良いか迷うから...とSteve は MAC 開発には1ボタンマウスに固執したのです。
 慣れてしまうと「 Windows みたいに右クリックでメニューが出て便利」と思い、実際仕事で使うのは2ボタンマウスを使っていますが、初心者にWindowsを教えるときや、使っている様子を見ると「マウスボタンのどっちを押すの?」と悩むときがしばしばです。
 そんなユーザーの不安を予測し、「迷わない」製品をデザインし続けた Steve だからこそ、 iPhone や iPad のマルチタッチインターフェイスが実現できたのではないでしょうか。製品を開発しているとき「これをつけたら便利じゃないかな?コストもちょっとしかかからないし」といたずらにスイッチを増やしたり、画面上のボタンをつけたりしたくなります。
 デザインを決定するときには大きなプレッシャーがあり「もし足りなかったらどうしよう」から「とりあえず付けておけば」と安易に移りやすいですが、本当に必要なものだけを残すよう真剣に検証し実現する手間をかける大切さを Steveから教わった気がします。

2012年9月24日 (月)

FAXが送れないで戻ってくるのはなし

FAXが送れないで戻ってくるとは
 先日義父のFAXが壊れたらしく、数字キーの 4,5,6 が反応しないので、電話がかけられなくて困っているとのこと。「ダメ元で分解してみるよ」と預かったのですが、基板のゴム接点の汚れかコネクタ接触不良かなと思って分解したのですが、キーパッドはフィルム上の抵抗印刷に印刷での配線パターンでした。キーのパッドまでいっしょにくっついていたので、動作するキーは 100Ωぐらい。動かないキーは全く導通せず。よーくパターンを眺めるとこすれたように印刷が薄い部分があって、ここがどうやら劣化してパターン切れの様子。表からカッターナイフで少しづつ保護層をこすってみると下の導電部分がすぐはげ落ちてました。経験上このての電極は半田付けでは溶けてNGなので、接着剤と4B位の鉛筆の芯を削った応急導電性接着剤でつけるのですが、接着剤が良い物がなくて、なかなか導通しない。色々トライしているうちにLCDのフレキも切れかかったいたらしく表示がおかしくなって...
 結局修理を断念して(電話機の受話音が小さくて不便との話もあったので)新しく買ってくることになりました。
 なじみの電気屋で安売りしていて、ワイヤレス子機付きで1万円ちょっと。即買って来て据え付けてオッケー。受話音量も大きくなってボタンも表示も大きくなって大変喜ばれました。
(壊れた FAXは即分解されて基板チェック。通信モジュールや留守録ICなどけっこういい物使ってましたね。電源ユニットが 25Vと5Vの出力だったので、何かに使えるかと思ってキープしました。
で、ここからが本題
 ある配達してくれる弁当屋に来週の献立メニューをFAXしてもらうようお願いした、御義母さん。待っているとFAXが届きました。よかったうまく動いたと安心していて、しばらくするとまた同じFAXが機械から出てくるのではないですか!2回送ってくれたのかと思っていると、また同じ印刷された紙が出てきます。「これは設定がおかしいのでは?」と思い。FAXが出てくる時にあちこち押してみて、1回は途中で止まったので、これでどうやら大丈夫と思っていると、さらにまた出てくるのではないですか!
かれこれ午前中3時間にわたって奮闘して出て来た紙は6枚以上。
 後日判明した原因は弁当屋さん側にあったのです。どうも FAX を送ったことのない事務員さん?が言うには「用紙をFAX しても送れないで、戻って来てしまうので、何度もやりなおしたんです」と。
FAXとは物質転送機であって、入れた紙が転送されて相手に届くものと思っていたようですね。

2012年7月17日 (火)

さよなら原発10万人集会に行ってきました。

さよなら原発10万人集会とは
 「さよなら原発1000万人アクション」が7月16日東京・代々木公園で主催した集会です。音楽家の坂本龍一さんはSakamoto「たかが電気のために、なぜ命を危険にさらさなければならないのか。お金よりも命が大事だ」と訴えました。坂本さんは18歳の時に安保闘争でやはり初めてデモに参加したのがこの代々木公園だったそうです。今のお歳が60歳だから、1970年の大学が紛糾した最後の頃の時代ですね。
 私は、仕事の関係上電気は必要ですが、やっぱり命と比べたら、原発はいらないですね。
 太陽光や風力などの発電に国家的にも予算と技術をもっとつぎ込むべきですね。
 また、同じく呼びかけ人のノーベル賞作家の大江健三郎さんはOoe政府に650万もの署名を持って行った次の日に原発を再稼働されて、「侮辱された」とほんとうに怒っていました。
 16日は会場は33度以上の炎天下で、1時間いただけで、熱中症のようになってかみさんがダウン。ちょっと休んでから途中でパレードに参加しました。
17万人という集会はほんとに初めてです。今日(17日)あれだけ放映しなかったNHKでさえも、朝のニュースで「最大規模の反原発集会」と報じてました。
仕事を思いっきりして、エレクトロニクスを進歩させる上でも、原発に頼らない科学を進歩させたいと思いました。坂本龍一さんの「3.11のあと沈黙することは野蛮だ」の結びの言葉が心にしみました。
Syuukai


2012年5月 8日 (火)

Stick DOMINO をやってみた。

Stick DOMINO とは
 アイスの棒の大きいのを組み合わせて、ドミノのように順番にはじけていくゲームです。最近入手した Nikon V1 のスローモーションモードで撮影したので、どんな感じか見てみて下さい。
スティックドミノは本屋さんで見つけました。税別で ¥1,100でした。

 組み方は3種類ほど紹介されているが、この画像の組み方が一番はじけるみたいです。100本セットなので、組むのに5分ぐらいかかりますが、あまり時間をかけると木の板なのでしなってしまい、はじけ方が弱くなるそうです。是非一度やってみて下さい。
AMAZONでは








撮影した Nikon V1はミラーレス一眼ですが、画像センサにAFセンサーが一体となって入っているので、AFがめちゃ早い(一眼レフくらい)ので、AF追従しながら秒間10コマの静止画が撮影出来ます。
センサーは1インチですので、フルサイズの2.7倍の焦点距離になり、300mm望遠が、810mmになりますので、野鳥カメラマンに愛用されているようですね。小さいほうの J1 はダブルズームでも安価なのですが、V1はEVFがついているので、老眼の私にはその点が重要です。