« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月14日 (火)

SiC MOS FETのドライブ

今回は以前開発した SiC MOSFETのドライバユニットの説明をします。
SiC POWER MOS Module は Rohm の BSM180という 1200V 200A のモジュールですが、NチャンネルのFETが2つシリーズに繋がって、出力を Vdd / GND 両方振れるタイプです。

 20200114-114942

このタイプは保護用のショットキーが付いています。こんなに大電流を流せるのにゲートドライブ電圧は +22V/-6Vと結構最大値がシビアで、Rohmから推奨ドライブ回路が提供されています。

Sicdrive10

これはその前にどれぐらいのゲート抵抗でドライブすべきか検討したシミュレーションデーター。
ゲート容量はそれなりに 22nF とあるので、以前使っていた 100Ωぐらいでは足りず、10Ωが必要となり、以下の回路

20200114-114433

パワートランジスタの 2SCR542 と 2SAR542のプシュプルでドライブします。その入力制御はGND分離も兼ねてTLP250で行っています。
さらにこのドライバのキモは DC1 の 絶縁型DC/DC コンバーターです。+24Vを±12Vにするモノですが、出力をプラスとマイナス端子を使って普通の 24Vとしますが、D2のツエナーダイオードで 3.3Vを作ってこれをソース電位とします。そうするとトランジスタは +24Vと0Vを出力しますので、ゲートには -3.3Vした電圧 +20.7V /-3.3Vがかかって、マイナス側にも引っ張るので OFF時の動作速度にも良い影響を与えます。

 さらにここに DC/DCコンバーターを使うことで、実はプラス側のFETのドライブにも使えるのです。普通N-CH FET をプラス側ドライブに使うには、電源電圧より高いドライブ用電圧が必要ですが、この回路では絶縁してあるので、ドライブすることが出来ます。
ただ、DC/DCコンバーターの絶縁特性や出力時のソース電圧変動での特性変化は今回ホット側高速スイッチング用ドライブとして使わなかったので、検証はまだなので注意して下さい。( 電源ON/OFF程度のスイッチングには使っています)

以上

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

2020謹賀新年

Img_660 

昨年はあんまりアクティブじゃなかったけど、ことしはもうすこし書くようにしたいな。

アナログの話題を多くしたいですね。

では、みなさんのプロジェクトが今年は順調に進みますように...

でも失敗したり、悩んだりするときが一番伸びるときでもありますね。

失敗を恐れず、チャレンジする年にしましょう。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »