SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月10日 (木)

HENOKO

下の写真は2016年に行ったアドリア海の港です。

Img_1460
青い海に感動して思わず撮った写真です。
でも同じような海が日本にはあるんですね。私は次の写真を見るまで、考えたこともなかったですが、それは朝日新聞のリンク
 そこは沖縄の辺野古湾でした。
この海を埋め立てるなんて、美しいという意識がないのでしょうかね。
ホワイトハウスに対しての埋め立て反対のネットでの署名が NHK でも20万を超えたと報じられました。ここがその署名のアドレス。
私も1つやってきました。

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年 2019

Img_2380

今年の初日の出は、駿河湾沼津上りSAで拝んできました。
結構初日の出目当てで人が出ていてびっくり。
雲間から日が出てきてよかったですね。
 さて、今年はもうちょっとアナログの入門編をやりたいなぁと思いながらも書くことが思いつかなくて、昨年あったオペアンプの話を書きます。
 単電源のポピュラーなLM358ですが、一般的には 0V近くまで使えるオペアンプという謳い文句で
仕様書には
「直接 GNDレベル近くの値まで検出可能で、しかも出力、VOUTGND レベルまでスイング可能」と書いてあります。確かにOutput Current を見ると Source(流れ出る)で 20mA Sink(流れ込み)で 8mA(Typ) とあるので、大丈夫そうですが、何か電流を引っ張り込むときに動作がおかしいのです。
 仕様書をよく見ると Sink の条件は Vo = 2Vとあります。測定時の出力は 0Vではないんですね。で、内部回路を見てみると(以下)
20181225_110759
出力のGND側は PNPトランジスタQ13でコレクタGNDへとつながっているタイプです。ベースが前段Q12のコレクタにつながって引き込まれているので、Voは Q13の Vbe(0.6V)とQ12のVce (0.2V)の足し算の0.8Vより低くできないはずです。
なぜ仕様書に 「GNDレベルまでスイング可能」と書いてあるかというと、Q13の左下にある 50uA のGNDにつながっている電流源の働きです。
 単純に電圧を出力する回路だったら、Q6が電流を外に流しますので、負荷がGNDにつながっていれば、0Vまで出すことができますし、無負荷(DC カット)や外部プルアップの場合でも 5V ÷ 50uA = 100kΩ 程度までは 0V近くまで引き込んでDC的に落とせます。
 しかしながら、これ以下のプルアップ(sink電流が大きい場合)ではちょっと動きがおかしくなります。
20190101_221313
上図は引き込みの時の出力電流と出力電圧ですが、5Vから 0.6Vぐらいまではだんだんと引き込める電流が少なくなってきて、30uA〜80uAでほぼ定電流モードになっているのが分ります。(50uAの定電流源の働きですね)この図でわかるのは出力電圧を0.6V以下にしたいなら電流は0.1mA以上流せないということです。
感覚的には 負荷が小さいと0.6V以下に引き込めないということです。
 それではどうするかというと、やはりオペアンプを変えるしかないですね。
BiCMOSプロセスといって FET で出力を構成したオペアンプは、出力が完全に Vccや GNDに落とせます。この例で行くと LMV358 というものがあります。
20190101_222421
先ほどのグラフと縦軸・横軸が反転していますので見にくいですが、上図では電流を1mA引き込んでも出力電圧は0.1Vちょっとですから、十分引き込む力があることが分かります。
 レールツーレールとか入出力Vcc GNDスイングとかいっても条件でなかなか実力を出せない場合があるので、このあたりのOPアンプ選択は難しいですね。ちなみにLMV358も電源電圧が 5.5Vまでという弱点があります。パワーやスピードのあるオペアンプは電源電圧が厳しい例が多いので、チェックが肝心です。

« 2018年12月 | トップページ