SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20

Google

  • Google
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月26日 (水)

SDRトランシーバー

久々のキット製作

トラ技の記事で SDR を使ったHF QRP トランシーバーがあって、キットを配布するというので申し込んだら、すぐ返事が来て 16,000円ほどでキットが届いた。

 届いた頃は、仕事で出張が多くて作る暇がなかったので、一段落したこの12月に組み立ててみた。
まずはデジタル基板
 挿入部品だけで、SMD や ICは実装済みなので、老眼の私でも作れそうだったのですが、プログラムを書き込むのに USB-シリアル(TTLレベル)の変換が必要なそうで、ずっと昔に確か「秋月電子」でそんなキット買ったよな〜と思い出して、探すと確かにありました。TTL側のコネクタピンもはんだ付けしてないそのままだったので、はんだ付けして、ブレッドボード用のジャンパー線で本体とつないで、PCにソフトをダウンロードして書き込み。このあたりは全くのアナログおじさんでは難しいかな?と感じました。ソフトまで書いてくれれば安心なのにな〜
 LCDを繋げてテストすると、結構きれいな画面でした。このLCDは前に見たことがあるよな〜と思ってみると、Arduino 用に前に買ったものと同じでした。タッチセンサや SDカードコネクタもついているけど、使わない。
アナログ基板は
 一番面倒だったのは、リレーのシールド。銅テープを貼ってはんだ付けするのですが、取り付けるときに、基盤にジャンパ線をつけてこの銅テープとはんだ付けして、GND強化するのですが、けっこう本数が多くて、狭くて大変でした。(老眼だし)
 で、ようやく完成。アンテナがないので、パルスジェネレーターで7MHz付近を出して受信確認。今度はアンテナ張らないと....
とさっそく Amazonで 7/21MHz短縮ダイポールを発注したのです。
どこに張ろうかな〜
Img_2369

2018年12月13日 (木)

ラズパイでJAZZ

昔買ったラズパイ

Rapsberry Pi という、ちっちゃなコンピューターが出た2014年頃、新しさに惹かれて手を出しましたが、初めはネットに繋いでみたり、スクラッチという簡易開発言語を試してみたりしましたが、実際何に使うかと云う事も無く数年眠っていました。

 最近のラズパイの記事を見ると、ラズパイ中の使っている開発言語の Python というインタプリタ言語が結構評判になっていたり、周辺機器の LCDとかDACとか随分豊富になっているみたいでした。
ラズパイを何に使おう?
ネットを探してみると、どうやら高性能のDAC(デジタルデーターを音楽に変えてくれるやつ)が1000円程度であるし、なんと音楽専用の OS ( Volumio ってやつです )になっているのもあるそうで、早速入手して使って見ました。
Img_2357_2
この写真でラズパイが入っている黒いケースの上に乗っている基板が、PCM5102AというICを使った32bit 384kHzのサンプリングまで再生出来るというものです。ラズパイで音楽データーを PCM 信号に変えてこのコネクタで上の基板に伝送して後ろに見えるアナログ RCA ジャックからアンプに繋いでいます。
一点不便なことは、ラズパイもコンピューターなので、終わるときにはきちんと終了処理をしてやらないと、OSがおかしくなって、次回に立ち上がらないことがあります。それで、今は面倒なので動かせっぱなしで、後ろに青いLEDが見えていますが、USBのモバイルバッテリーに充電しながら使っています。
これで、急な停電?や誤ってアダプタ外しても大丈夫になりました。
今は何を聴いているかというと
最初は、128KHzサンプリングの楽曲など集めてサーバーに入れ、聴いていましたが、老人の耳には違いが良く分からず、最近は「おすすめ」にあるネットワークラジオの JAZZ24 ばかり聴いています。
何か...今一緒にハワイの人も聴いているんだなぁって思うと
ちょっと感動します。(タダだし...)

« 2018年8月 | トップページ | 2019年1月 »