SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« TC-K88ソニーカセットデッキ修理のななし | トップページ | 仕様書は必ず作ろう・作ってもらおう »

2018年6月17日 (日)

中華アナログ電源の故障のはなし

ちょっと前から、中国製の安いアナログ電源(シリーズレギュレター使用のドロップタイプの電源)がノイズが多くなっていた。

 どうせ一度スイッチングレギュレタータイプでドロップさせて、その後シリーズレギュレターで落としているかして、そのシリーズレギュレター部のコンデンサでも壊れたのか?と思い、ノイズとしては 24V時に 100mV ぐらいなので、いつか修理しようと思っていたのだが、今回思い切って開けてみた。
結構な大きさのトロイダルトランス
が使ってあって、ちょっとびっくり。放熱板には2SDタイプのパワートランジスタが2個配置され、結構大きなファンが付いている。普段はファンの音が聞こえなかったので、これは熱くなったときに回るように近くにサーモスイッチが付いていた。
トランジスタのエミッターは出力のよう
でノイズがちょっと乗っている。コレクターはとオシロで見てみると、激しい交流波形?
「これはすごい発振か!」と思って、エミッター<->ベース間に1uF のセラミックコンデンサーを付けてみたが、収まらない。まるで変化無し。
しかたが無いので、基板の裏側を見ようとケースを分解して回路をチェック。すると,,,,どうやら整流回路のダイオード出口がそのまま先ほどのコレクターに繋がっている。????
なんとAC(正確には両波整流の脈流)をそのままシリーズレギュレターで安定化しようと頑張っていたのでした。以下が原因。
Img_2159
このコンデンサー外して見たら、プラス側のリードが中から外れていました。全くコンデンサーの役割をしていなかったのです。
4700uF /63V なので、ちょっと手持ちがなかったので、とりあえず 470uF/200Vと680uF/200Vを基盤上側と裏に分けて入れたのですが、ちゃんと例の脈流(ノコギリ型のリップルがのるやつ)は出ていますが、出力は 10mV以下で正常動作しています。
まだ買って2年ぐらいしか経ってないのに、コンデンサーは鬼門です。


« TC-K88ソニーカセットデッキ修理のななし | トップページ | 仕様書は必ず作ろう・作ってもらおう »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

これはひどいですね。
もしかして中身が別の小型ケミコンだったりして。。。

最高電圧の32Vを出したとき、この整流電圧は約52Vぐらいありましたので、リップルを考えると 63Vの定格では無理があったと思います。このあたりが中国製品の「規格ぎりぎりで安価に」の思想が時に品質低下を招いています。
 日本だったら品質保証の責任があるので、このあたりは慎重に設計されていたと思います。
 けっこう立派なトロイダルトランスを使って、実直にシリーズレギュレターを作っていたのは感心したのですが、品質保証の経験がまだ浅いのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/66840545

この記事へのトラックバック一覧です: 中華アナログ電源の故障のはなし:

« TC-K88ソニーカセットデッキ修理のななし | トップページ | 仕様書は必ず作ろう・作ってもらおう »