SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 2018 謹賀新年 | トップページ

2018年3月17日 (土)

カセットデッキのはなし

カセットデッキのはなしとはUnknown1

 昔 学生時代に、バイトしたお金を貯めて当時でも結構高かった Nakamichi のポータブルカセットデッキ 550 ってのを使っていました。
  単1電池8本?ぐらい入れて、野外で録音できるというものだったけど、当時はレコードからのダビングで結構楽しんでいました。あまり持ち歩く機会は無かったのですが、ステレオLRに加え、センター用のマイク入力があるのが特徴でしたが、この機能をあまり使うことはありませんでした。
ヤマハの当時薄型のヘッドホンで聴くと結構いい音だったので、就職してからも愛用していましたが、CDの時代になり、あまり使わなくなって友人に貸したまま、行方不明になっていました。
 ところが、最近オークションで結構出品があり、また使って見ようかと思いましたが、同じデッキよりはまだ使ってみたことのない据え置きのやつを手に入れようと、Nakamichi 700 とか狙ってみたのですが、落札価格が結構高めで、ちょっと難有りの Nakamichi 600 というちょっとパネルを傾斜させた、変わったタイプを手に入れました。
Unknown2  外見は落とした後があったり、ハンドルが外れていたりといまいちでしたが、故障原因はドライブベルトが劣化してのびきっている状態で、同等品を Amazonで手に入れて何とか録音再生出来るようになりました。
 このデッキはヘッドホン端子が無く、入出力ともラインレベルのみで、随分割り切った仕様だなと思いました。しかしながら、トーン発生機能や、テープの種類やイコライザの切り替え毎に調整半固定があるなど、結構マニアックな機能があり、標準テープがあれば再調整も出来そうでしたが、とりあえず録再でのレベル合わせや走行スピードの調整などして、昔録ったカセットを鳴らしてみました。
 大きなスピーカーはアンプを繋ぐのが面倒なので、 Bose の SoundLink Mini という Bluetooth にも対応したモバイルスピーカの Line入力に繋いで聞いてみました。が結構いい音なんです。もう年を取って高音域が初めから聞こえないのがいいのか、耳にやさしく、それでいて低音がしっかり出て、仕事しながら聞くにはちょうどいいです。
 同じ曲を iTune で Bluetooth 接続して聴いてもいまいちうるさいんですね。何故かなとおもって色々調べると、やはりカセットの方が 20KHz以上の聞こえない帯域でも少しは出ているみたいですね。 96KHz サンプリングの AD/DA ユニットで同じ曲のスペクトラム分布を測ってみたのが、次のグラフです。
20180122_102634
赤色が 普通の USB-DAC出力で20KHz以上がスパッと落ちています。しかしながらカセットデッキの方(緑色)はそれより上側になにやらノイズっぽいですが出ています。カセットの録音時のバイアス周波数の関係で出ているかもしてませんが、最近の高級CDのようにスパッと切った上側の周波数に別に雑音成分を加え、なだらかな周波数スペクトラムにしている機種もあるほどで、このあたりも「昔のレコードの方が音がいい、デジタルはいまいち」っと言っている人たちの理由の1つでしょうか?
 でもこのカセットデッキってオートリバースでないので、片道 23分で止まってしまい、デッキの所まで行って裏返して再生しなければならないので、ちょっと BGM で聞くには面倒くさいのです。
 もうちょっとグレードアップしようかと、中の基板の電解コンデンサーでも交換しようと容量を測ってみると、全く劣化していないのです。ちょっとサイズ大きめで、使っている電圧も 18V とか 35V とか余裕のある値を使っているせいでしょうか。結局何も変えるところがなかったので、昔はお金をかけて余裕ある長寿命設計してたんですね。

« 2018 謹賀新年 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/66506023

この記事へのトラックバック一覧です: カセットデッキのはなし:

« 2018 謹賀新年 | トップページ