SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« プロ用マイクアンプのはなし | トップページ

2017年6月23日 (金)

マイクアンプのはなし

マイクアンプのはなしとは

 暇を見つけて、アナログ高品質アンプやミキサーモジュールのジャンクとか集めて、その回路を研究してきましたが、古くからディスクリートトランジスタの初段+高性能 OP-AMP などの組み合わせが定番のようです。これは初段にノイズの少ないデバイスを選別して使えるからかと思いますが、高価で部品入手が難しいのも難点です。
 コストダウンしたものは、J-FET入力の高性能OPアンプを使って、また抵抗アレイなどで差動アンプのバランスのズレを防ぎながら、量産性の向上をしているものが見受けられました。
 しかしながら、純粋に性能を追究した場合にはディスクリートデバイス毎に特性のそろったものを選別したり、微妙な調整がおこなえる回路構成で、「調整や選別は面倒だが」「性能を追い込める」点が世に言う「高価なアンプ」の現状のようです。もちろん部品に妥協せず,良いものを使ったり、巧みな部品配置やパターン設計で性能を追究している点も見逃せない点です。
 だとしたら、理想のアンプはどうだろうと考えると、「自分で OP-AMPまで作る」ことだと思うのですが、結構大変です。また、市販の OP-AMPは多目的用途に対応できるため、ゲインを結構持っています。それを外部回路で必要なレベルまで落として使っているのですが、特定の用途に限定できれば,必要十分な回路構成で設計出来るのではと考えました。
 また、帰還回路の遅れや内部周波数補正回路の時定数が効いて、どうしても超高域特性が落ちてきますね。出来るだけコンデンサーが付かない回路で実験してみたいと思いました。
 そうこうしている間に「無線と実験2016年4月号」にフィデリックス社というオーディオメーカーの全段 j-FET のマイクアンプが回路図とともに紹介されていました。差動入力段に2SK389という2個入りのデバイスが使っていましたが、ジャンクで入手した SIGMA の基板に付いていたので、とりあえず回路再現に使って、あとは現在入手出来るもので実験してみたいと思います。
 それで、実験用基板を作ったのが以下の基板。 API-500 という規格のコネクタに合うように設計しましたが、さて上手くいくかな?Ma8_amp

« プロ用マイクアンプのはなし | トップページ

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/65447064

この記事へのトラックバック一覧です: マイクアンプのはなし:

« プロ用マイクアンプのはなし | トップページ