SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年1月

2017年1月25日 (水)

Autodesk が ワシ を販売?のはなし

Autodesk が ワシ を販売?
A_eagle
昨日 Autodeskより

Redeem your customer loyalty discount

なるメールが来て、それは基板製作CAD の Eagle CADのディスカウントするような内容でした。

リンクをクリックしてもストアに行くだけで、Eagle が買収されたとのうわさは聞いていましたが、システム要件とかバージョンとか詳しい内容がなかったので、Autodesk のHPを検索してみるとありましたよ「ワシ」のシステム要件が...
ちょっと Autodeskのサポートに心配ですが、日本の代理店はどうなってしまうのでしょう?

2017年1月11日 (水)

2017年 謹賀新年

もう 寒中見舞いの時期になってしまいましたが、今年初なので 謹賀新年 です。

冬だというのに我が家の植物たちは元気で、コーヒーの木はもとより、ハーブのバジルも花を咲かせて元気です。バジルの花ってあんまり見たことが無いようなので、アップしてみます。
Photo
ペンタックスK-5で撮ろうかと思ったのですが、どうもピントが悪いのか手ぶれ機構が劣化したのか拡大すると細かいところが潰れるので、これは Panasonic FZ300 で撮りました。マニュアルでピント合わせました。Photoshopで解像度半分に落としてます。
花は3〜5mm ほどなのですが、白くて綺麗ですね。この前は種として落ちた土から芽が生えてきました。
 最近のトラ技もどうもラズパイやArduino ばかりで、ちょっと本格的なアナログ話題が出ないかなーと、待ちくたびれていますが、RFワールド記事のの 500MHzまでのネットアナの基板を買ったので、正月休みにケースに穴を開けて組み込みました。
 以前使っていた外国製の VNA よりも PCアプリが簡単で、USB認識も楽なので、こちらを多用しそうです。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »