SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« トランスの弱点のはなし | トップページ | 12Bit DAコンバーターのはなし »

2016年7月27日 (水)

2SC1815の代替のはなし

2SC1815の代替のはなしとはUnknown

  2SC1815は代表的な定石トランジスタで、TO-92という3本足の挿入型パッケージになっているトランジスタです。
 最近は表面実装タイプばかりになり、ついには日本製でこのTO-92パッケージは無くなってしまいました。現在は在庫か、復刻デバイスとして中国などで生産されてはいます。
 この定石トランジスタは古くは、2SB54,2SA102などのゲルマニウムトランジスタの時代から、2SC372 などシリコントランジスタへの発展、2SC945などオーディオ対応などを経て、電子工作や一般の小信号分野で多く使われるようになったのが、2SC1815です。
 このようなトランジスタはペアと言って NPNと PNPが同じ特性のものが用意されているのも特徴的です。 2SC1815 だったら 2SA1015  で、小信号アンプの出力段やドライバによく使われています。
 しかしながら、将来的に継続して生産が保証されるかというとちょっと心配な点も多く、このTO-92パッケージ版を使うべきか悩んでいました。
 最近 RSなどを調べてみますと、FareChild社が中国生産ですが、代替品の KSC1815 と KSA1015というペアの製品を出しているのを知りました。 2SC1815だと現在全世界で7万個ぐらい在庫があり、引き続き生産も予定されているようです。
Tble1815a
 しかしながら、海外製品はちょっと...と考えるメーカーは多く、やはり最終的には日本製の 表面実装タイプを検討せざるを得ないかと思います。
 上の表は 2SC1815 互換のトランジスタですが、いわゆる普通の大きさの SC-59 という大きさでは 東芝製 で 2SC2712 。もうちょっと小型では 2SC4738 があるようです。また 2SA1162は 2SC2712のコンプリメンタリ品で 2SA1015と互換で使えます。Pkg_idea
 そうするうちに一番下の HN1B01Fという東芝製の複合トランジスタを見つけました。1つのパッケージに PNP と NPNが1つづつ入ったものですが、大きさは上記 2SC2712と同じですがピンが6ピンあり、1個で2TR分使えます。右図のようなピン配置で、同じシリースには PNP 2個入りや NPN2個入りもあります。しかし、残念なことに、このパッケージではせっかく 2SC2712と大きさが同じなのに、代替して使うことができません。もし、一番下の NEW-WTR のような内部接続だったら、 2SC2712のパターにはそのまま、2SA1162のパターンには180°回転して実装することができますよね。
 2個分まとめて使えるのでお得だし、もしもの時には1個入りトランジスタの代替品で使える...ってことで大量生産してくれないかな?
*プッシュプル式のパターン例を考えて見ました。
オリジナルよりずっと楽そうですよ。
Pkg_idea2

« トランスの弱点のはなし | トップページ | 12Bit DAコンバーターのはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

これは実用新案ものかもしれませんね。
でもNかPのどちらか片方しか使用しない、あるいは互換用の保管が1種で済むことは良いことですが両chをフルに生かそうとするとパターンがクロスしそうで、そうなると現状の物も便利だしな~と思ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/63973216

この記事へのトラックバック一覧です: 2SC1815の代替のはなし:

« トランスの弱点のはなし | トップページ | 12Bit DAコンバーターのはなし »