SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 今月のトラ技 | トップページ | 失敗から学ぶのはなし »

2016年4月15日 (金)

SSDのはなし2

SSDのはなし2 とは

 私の使っているMACは MacPro Early 2009 で 4コア XEON が2個のったディスクトップです。 古い機種ですが、PCIカードに SATA 6Gのカードを付けて、 500G SATA SSDを2基使ってソフト RAID0で使っていました。
 使っていた頃は Blackmagic Disk Speed Test というアプリで測定するとメーターが振り切る 500MBPS以上出ていたのですが、最近遅くなったようで Writeが芳しくありません。そこで、新しい SSDに交換と思ったのですが、世の中には SATA 6Gよりも高速な PCIe 接続の SSDが使われているようで、 1GBPS 程度出るようです。
 新型 Mac Pro 2013 とか 新型の MacBook Pro などで使っているようですが、いわゆる PCで使っているものとちょっと違うようで、海外から輸入しても 500G で7万以上します。それで、日本でPCで使っている PCIe接続の SSDを調べてみると、
まず PCIeカードインターフェースは

玄人志向 STANDARDシリーズ PCI-Express x4接続 M.2スロット増設インターフェースボード M.2-PCIE

なるものを見つけました。これはコネクタとカード配線だけで、チップが載っている訳ではないようです。価格も ¥1.855 とリーズナブルです。

レビューを見ると MacPro2009でも動いているようで、[SAMSUNG] サムスン 128GB M.2 2280 PCI-Express2.0 x4接続 SSD で動作したとのこと。
 そこで、 128GB ではちょっと足りないので、 AMAZONで 500GB を探すと

サムスン 512GB M.2 2280 PCI-Express2.0 x4接続 SSD

を ¥48,500 で見つけました。最近の 500GB SSD からして2倍の値段がするのですが、スピードが倍になるとのことで、ちょっと試したくなりました。
 ここで、注意です。実はこの SSDより新しい
Samsung SSD 512GB 950 PRO M.2ベーシックキット Type2280 PCIe3.0×4(32Gb/s) NVMe1.1 V-NAND搭載 MZ-V5P512B/IT
もあったのですが、こちらの PCIe 3.0 ではMACがうまく認識できないようで、PCI-Express 2.0 のものが必要な様です。
 それで、さっそく入手して古い SDD からコピーして測定すると

Diskspeedtestpcie500
と以前の RAID0とほぼ同等の結果でした。
*古いSSDは RAID0をやめ、個々に初期化し直したら、片方の SSDがどうも調子悪く Writeで 170MBPS程度しか出ない...もういちど初期化したり、TrimEnablerで設定し直したりしたら、300MBPS程度まで復活したので、やれやれ..と思ったら突然
「このディスクは取り外されました」とメッセージが出て、以来認識しなくなりました。
 MacProにした最初はこのSSDで単独で使っていたので、ちょっとこちらのディスクの方が書き込み回数が多かったのか?または古いバージョンの SSDだからか分かりませんが、RAID0運用中に壊れなくて良かったです。
SSD ...遅くなったら..寿命を疑え...ですかね
 

« 今月のトラ技 | トップページ | 失敗から学ぶのはなし »

MAC」カテゴリの記事

コメント

私もtempoSSDでストライピングをしていて同じことを考えています。
10.6.8でも起動できますか?

私は MacPro 2009をファームウエアアップして 2010 相当にしたものですが、最新の10.12.5で動いています。その前の2009 のファームウエアと旧OSなら大丈夫かと思います。
 私は 10.6.8 は Pararells Desktopという仮想環境でWin XP や Win10 とともに動かしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/63489152

この記事へのトラックバック一覧です: SSDのはなし2:

« 今月のトラ技 | トップページ | 失敗から学ぶのはなし »