« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月

2016年4月21日 (木)

失敗から学ぶのはなし

失敗から学ぶのはなしとは

 最近買った本が以下の

電子工作は失敗から学べ!

 です。
 この作者は下記の

電子工作入門以前
の作者なので、ちょっと興味を引いたので
読んでみました。


 最初に抵抗を燃やしてみる話やコンデンサがパンクした話などで失敗の原因を解説しているのがなかなかだと思った。
 しかしながら、最初の製作記事が「安定化電源の製作」なのですが、昔は電源は鬼門で奥が深く、それこそ失敗の宝庫でしたが、今回は LM338 というIC一発で、それほどハードルが高くはないようです。確かに電源が1コあると色々な製作が出来るので便利です。
 ゲルマニウムラジオ(最近はショットキーダイオードを使うのですが)の製作から1ICのAMラジオなど PIC を使ったデーターロガーまで、結構なレベルまでの製作記事になっています。
 ただちょっと残念なのが、もうちょっと色々な失敗談があるのかと思ったらそうでもなくて、「失敗しやすいです」的な指摘に留まっている点かな?
 この本に刺激されて、もうちょっと失敗談を思い出して書いてみようかと思いました。
筆者も述べていますが、「動かないときこそチャンス」です。失敗してその原因を見つけた経験は、一生忘れませんね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

SSDのはなし2

SSDのはなし2 とは

 私の使っているMACは MacPro Early 2009 で 4コア XEON が2個のったディスクトップです。 古い機種ですが、PCIカードに SATA 6Gのカードを付けて、 500G SATA SSDを2基使ってソフト RAID0で使っていました。
 使っていた頃は Blackmagic Disk Speed Test というアプリで測定するとメーターが振り切る 500MBPS以上出ていたのですが、最近遅くなったようで Writeが芳しくありません。そこで、新しい SSDに交換と思ったのですが、世の中には SATA 6Gよりも高速な PCIe 接続の SSDが使われているようで、 1GBPS 程度出るようです。
 新型 Mac Pro 2013 とか 新型の MacBook Pro などで使っているようですが、いわゆる PCで使っているものとちょっと違うようで、海外から輸入しても 500G で7万以上します。それで、日本でPCで使っている PCIe接続の SSDを調べてみると、
まず PCIeカードインターフェースは

玄人志向 STANDARDシリーズ PCI-Express x4接続 M.2スロット増設インターフェースボード M.2-PCIE

なるものを見つけました。これはコネクタとカード配線だけで、チップが載っている訳ではないようです。価格も ¥1.855 とリーズナブルです。

レビューを見ると MacPro2009でも動いているようで、[SAMSUNG] サムスン 128GB M.2 2280 PCI-Express2.0 x4接続 SSD で動作したとのこと。
 そこで、 128GB ではちょっと足りないので、 AMAZONで 500GB を探すと

サムスン 512GB M.2 2280 PCI-Express2.0 x4接続 SSD

を ¥48,500 で見つけました。最近の 500GB SSD からして2倍の値段がするのですが、スピードが倍になるとのことで、ちょっと試したくなりました。
 ここで、注意です。実はこの SSDより新しい
Samsung SSD 512GB 950 PRO M.2ベーシックキット Type2280 PCIe3.0×4(32Gb/s) NVMe1.1 V-NAND搭載 MZ-V5P512B/IT
もあったのですが、こちらの PCIe 3.0 ではMACがうまく認識できないようで、PCI-Express 2.0 のものが必要な様です。
 それで、さっそく入手して古い SDD からコピーして測定すると

Diskspeedtestpcie500
と以前の RAID0とほぼ同等の結果でした。
*古いSSDは RAID0をやめ、個々に初期化し直したら、片方の SSDがどうも調子悪く Writeで 170MBPS程度しか出ない...もういちど初期化したり、TrimEnablerで設定し直したりしたら、300MBPS程度まで復活したので、やれやれ..と思ったら突然
「このディスクは取り外されました」とメッセージが出て、以来認識しなくなりました。
 MacProにした最初はこのSSDで単独で使っていたので、ちょっとこちらのディスクの方が書き込み回数が多かったのか?または古いバージョンの SSDだからか分かりませんが、RAID0運用中に壊れなくて良かったです。
SSD ...遅くなったら..寿命を疑え...ですかね
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »