« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月 8日 (木)

やっぱりコンデンサーは壊れやすい...のはなし

やっぱりコンデンサーは壊れやすい...とは

 日頃から、電子部品で壊れやすいのは、電解コンデンサーだという話はしていましたが、今回ちょっとひどい壊れ方なので、紹介します。
 Img_1626
 写真のように、完全にショートしているのです。20年近く前の音響用シグナルコンプレッサーの基板で、特に外見は変化も無く、液漏れや焦げた後も無いのに、ヒューズがとんでいました。古いからしょうが無いかと思いますが、なんと電源付近の 100uF/25V のコンデンサーが3つとも壊れていました。定電圧電源の出力トランジスタの放熱板付近についており、 +15V ,+12V ,-15Vの各出力のコンデンサーが全部 NG でした。密閉のユニットで長い間に放熱板からの熱で、他のコンデンサーより劣化が早まったようです。
 よく熱で容量抜けなどの例はありますが、完全ショートとは初めての経験でした。
 最初は電源ラインなので、どれかの ICが壊れてショートしたのかと思いましたが、電源ラインのジャンパー線を外してゆくと、残ったショート原因はコンデンサーでした。
 さっそく手持ちの 105℃品 120uF/35V に交換して、動作回復。
やっぱり、電解コンデンサーは
1) 出来るだけ熱源から離すこと
2) 耐圧は2倍以上で使おう
3) 容量が半分になっても動作する容量を!
ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »