SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« パレットアンプのはなし | トップページ | 書類の上書きトラブルのはなし »

2014年10月30日 (木)

D ラッチとD フリップフロップのはなし

D ラッチとD フリップフロップのはなしとは

ゲートICの話ですが、マイコンのポートが足りない場合や、出力ポートとして電流を流せるポートが必要な時に、ラッチICやフリップフロップのICを使ってポートを拡張します。このときに、全く同じピン配置なので「どっちも同じ」と思ったときにトラブルは始まります。
D-ラッチ
20141030_95008ラッチICは例として右図の様な、74HC573などがあります。昔は 74HC373などがポピュラーだったのですが、ピン配置が良くないので、最近はこっちの500番台を使う機会が多いです。
 このICは OEと LE という2つの制御端子があり、OEは Output Enable で出力をオープン(ハイインピーダンス)状態にするか、出力状態にするかを選択します。
 もう1つの LE は Latch Enable でこの端子が High のときは信号が Dn から Qn へ筒抜けに伝送され、Lowになると遮断されるのです。スイッチと考えれば分かりやすく、使い方も簡単です。
D-フリップフロップ20141030_95036
フリップフロップICは例として右図の様な 74HC574などがあります。ラッチICと違うのは 11ピンの CK だけです。 CKは Clock の意味で、これは同期式のシステムに対応しているもので、この端子が Low から High に立ち上がった時に、Dnの 値が Qn に出力されるのです。
 両者を比べると、ラッチは通過状態のコントロールが Highパルス、フリップフロップはLowパルスであると簡単に考えがちですが、ラッチが通過状態の時に出力が 入力Dn にしたがって変化してしまうのに対し、フリップフロップは「前回の値を保持している」ことが大きく違います。
 ICのデーターラインに繋ぐポートが専用に使うことが出来て、LEをLowにしているタイミングでもポート出力が変化しない場合は、ラッチでも問題無いですが、出力先が短時間の変化に敏感だったり、カウンターだったりした場合はクロックの立ち上がりでのみ変化するフリップフロップタイプの方が安心ではないかと思います。

« パレットアンプのはなし | トップページ | 書類の上書きトラブルのはなし »

DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/60566597

この記事へのトラックバック一覧です: D ラッチとD フリップフロップのはなし:

« パレットアンプのはなし | トップページ | 書類の上書きトラブルのはなし »