SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 子どもを育てるはなし | トップページ | AM変調のはなし »

2014年9月26日 (金)

I2C出力 A/Dコンバーターのはなし

I2C出力 A/Dコンバーターのはなしとは

高周波アンプの出力デバイス消費電流は、A級アンプの場合はあまり出力レベルによって変化しないが、AB級のアンプではパワーや周波数によって、流れすぎないように監視する必要が多々あります。
 そんな監視に適した ICをいろいろ試しましたが、携帯機器のバッテリー監視ICなどでは、高周波によって、オペアンプ入力のダイオードが飽和してしまったり、I2Cバス制御がうまく動かなくなったりして、エラーが出たりしました。
 最近改めて、RFによるトラブルに強そうな I2C A/Dコンバーターで AD7991 というICを試してみました。
Ad7991_pin
8Pin SOT23 と大変ちいさなパッケージですが、 12Bit 分解能で 4CH 入っています。I2C バスなので電源 GND も含めて 4本で繫げるのが使いやすいポイントです。
 しかしながら、当初データーシートを見た時に、「1) チャンネル指定レジスタを、いちいち設定するのは面倒みたい」「 2) アドレスが固定で、2品種しか無いので、合計8CHしか使えない」と思って、使用するのにはちょっとためらっていました。
 しかしながら、 1) のCHレジスタ指定は「オートインクリメンタリーモードがデフォルト」ってことで、解消されました。電源 ONで自動的にチャンネルが更新されるのです。
20140926_113804
しかも、どのチャンネルのデーターかは、読み出した2バイトのデーターの中(上記表)の最初の Bit5:4 にあるので、手間がかかりません。
それで、以下のようなコードで使っています。必要な分解能は 8 Bit で問題ないので、上位8bit のみ使ってます。 以下は読み出し部分のみ....   
// ------------ temp_buffer[] に2バイト i2C から受信する -----------
    while( getsI2C(temp_buffer,2) ); //recieve data 2Byte
     uc =( temp_buffer[0] & 0x30) >> 4 ;   // Get CH number
     data = temp_buffer[0]<<4 ;                  // 上位 4Bit 代入
     data |= temp_buffer[1] >> 4 ;     // 2byte 目の上位4Bitを加算
     volt_data[ uc ] = data ; // 結果レジスタにストア
* 実際使用する時は、前回値と平均する等の演算処理が必要です。
2)の問題は 10Bit ですが、8CHの AD7997 という品種が、同じソフトウエア処理で使えそうなのです。このICは AS ピンの電位でアドレスが変えられるようなので、1品種2個、2品種あるので、同じバス上に4個接続出来ます。
20140926_120537
なかなか便利な時代になってきましたが、こんどは選ぶのが大変になりそうですね。
 

« 子どもを育てるはなし | トップページ | AM変調のはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/60377240

この記事へのトラックバック一覧です: I2C出力 A/Dコンバーターのはなし:

« 子どもを育てるはなし | トップページ | AM変調のはなし »