SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« I2C出力 A/Dコンバーターのはなし | トップページ | パレットアンプのはなし »

2014年9月30日 (火)

AM変調のはなし

AM変調のはなしとは

アマチュア無線などの送信機で、昔は低い周波数(HF帯)は AM 変調が主流でした。そもそも、真空管の時代では、終段の供給電圧(プレート電圧)を加える部分と電源の間にトランスの2次巻き線を繋ぎ、1次側には送信電力と同じくらいのパワーの低周波アンプを繋いで、音声の変調で電源電圧を変化させる方式でした。
 トランジスタの時代でも、終段のコレクタ電圧を音声で変化させてAM変調を行っていました。難点は、送信パワーと同じくらいの低周波アンプがいるので、大出力になると構成が大がかりになることです。 10W ぐらいでしたらいいのですが、100W出力となると、変調アンプも大がかりになります。それで、送信終段のベースなどを変調する方式も出てきました。
Peakamssb 右の図をご覧ください。通常の CW 無変調では高周波レベルは ±V で済んでいたものが、AM変調をかけると最大では±2Vになります。実効値では同じ出力となるので、パワーとしては同じなのですが、送信終段の能力として2倍の電圧を出力出来ないといけないのです。たとえば CW で 4W 50Ω では電圧は RFピークでは 40Vp-p です。このピークが2倍になる 80Vp-p の電力は16W にもなります。
 つまり、ピークで(変調時の終段電圧は通常の2倍になった瞬間ですが)4倍の出力がリニアに出ないと、きちんとした AM変調がかからないということです。調整がわるくてピークが出ない場合は右図上から3番目の黄色い波形になります。これはピーク電力が出ないので、ピークの頭が凹んでしまっています。実効電力としては変調をかけるとパワーが減ってしまう現象となります。いわゆるマイナス変調って状態です。
 一番下はAM変調と同じピークが出る終段の構成での SSB の波形で、ピークでは±2V 出ますので、最大4倍のパワーが最大値ですが、全てピークになる場合は音声が歪んでしまいますので、そこまでは実効パワーは出ません。
 昔の CBトランシーバーでは SSB 12W の機種では AM時には電源電圧を 1/2 に下げて CWで 4W 程度に抑え、変調のピークでも飽和しないように工夫していました。
最近はSSBメインのリニアアンプ方式
 最近の大方のアマチュア無線のセットは、SSBメインですので、ピークパワーで最大出力を規定して、AMでは SSBのキャリアサプレッションをずらしてキャリアを出す状態で1/4以下の出力レベルの CWとし、ピークパワーまで変調するような形で行い、RF出力段はあくまでリニアアンプとして動作させます。
 それでも、トランスでコレクタやプレートに変調かける方式は、トランスで低周波域が程よくカットされるので、抜けの良いAM変調がなにかさわやかだった気がします。SSBの送信フィルターで、高域をカットされないので結構HiFIだったのかも..
 ちなみに私の初QSO は 高1の時、7MHz 6AQ5 ファイナル、6BM8 AM変調でした。受信機も高1中2の自作セット。VFOだけはメーカー製の試験用発振器を使ってました。7MHzフルサイズのダイポールアンテナで埼玉との交信でした...

« I2C出力 A/Dコンバーターのはなし | トップページ | パレットアンプのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見を致しております。
AM変調の話はわかり易い解説でした。懐かしくなりコメント致しました。変調がひずんで大変苦労しました。(笑)

ひでさん こんにちは
あの頃はAM変調で歪むと妨害波がやたら出て、家のカラーテレビの色がおかしくなったりして怒られました。今はデジタルテレビなので昔悩んだ TVI なんかも起きにくいんでしょうね。

いつも拝見させて頂いております.

AM(上から2番目)は入力=1トーン時の被変調波の波形,
SSB(上から4番目)は入力=2トーン時の被変調波の波形であってますでしょうか?

Hiro さん こんにちは
そのとおりです。
AMでは 1KHz のトーン
SSBの2トーンでは 700Hz と 2300Hzがポピュラーだったかと思います。
SSB ではシングルトーンでは それぞれCW と同じ出力レベルのトーンを2トーンにすると図のような2倍の波高になるので、ピークパワーは2乗の4倍になります。

なるほど!ちょっと気になってたのですがスッキリしました.
ありがとうございました!

SUDOTECK様

TVの黎明期の IF周波数はナント! 27MHzだったのです。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej1954/15/6/15_6_358/_pdf


カラーTV時代になり、45MHzになりましたが、TVチューナと IF増幅器がある本体の間は離れており その間のワイヤーに飛び込むTVIが多かったような記憶があります。
ラジオ技術等にその対策が対策が出ていたような、、、、
 ↑建て替えの時に捨ててしまいました。 思い出す度 orz

懐かしい話題をありがとうございます。

デジタルTVは UHF帯で ゼロIFを使用していますし、シールドもしっかりしているので、、、

Maedaさん

TV-IF 解説ありがとうございます。
昔の真空管白黒テレビのIFTの最後に検波のダイオード IN60かな?が入っていて、外してゲルマラジオを作ったのを覚えています。あれは 27MHzの IFT だったんですね。そういえばコイルの巻き数が少なかった覚えがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/60401613

この記事へのトラックバック一覧です: AM変調のはなし:

« I2C出力 A/Dコンバーターのはなし | トップページ | パレットアンプのはなし »