SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

RS232Cのはなし3

RS232Cのはなし3とは

RS232Cは古くから使われてきたシリアル通信の規格です。最近はPCにもこのコネクタはつかなくなってきましたが、昔は 9Pin オスのものと 25Pinメスの2つのRS-232Cのコネクタがついていました。おまけに25Pinのプリンタ用パラレルコネクタなんかもあったので、ちょっと間違いやすかったですね。
 今回は、USB-RS232C変換アダプタ等でも使える、DSUB 9PinのRS-232C コネクタについて書いてみます。
1)PC側はオスコネクタ
基本的にオスのコネクタが PC側についています。昔はRS-232Cの主たる目的としてモデム(電話回線で通信する)との接続のためが多く、メスのDSUB 9Pinbはモデム用として使われていました。
2)モデムとの接続はストレートケーブル
モデムと繋げる時は、下図の下側の様に、ストレートに1ピンは1ピンに、2ピンは2ピンへと繋ぐだけです。また、モデムとして専用に必要な信号が9ピンの[RI]があるのが、このなごりです。
RI は Ring のことで、電話がかかってきてベルが鳴る信号です。この信号はモデムからPCへ送る信号です。この信号でPCは待機状態から通信するために起動することが出来ますので、常時接続が普通の現在と違って、必要な時にだけ電話回線を繋いで通信するために必要だったのですね。
CDもちょっと変わった信号で、[Carrier Detect]で何のキャリアーなのかというと、今のFAX信号のように昔のモデムはピーという変調信号をピーヒャラヒャラなどと周波数を変えて1と0を送っていたので、その最初の同期信号をとらえて、モデムとして動作出来ることを表すために出力されます。
 この信号が OKにならなければ通信出来ないので、モデムの準備が出来た、相手に繋がったことを示す信号として現在も使われています。
3)PCどおしはクロスケーブル
PCどうしやDSUB9Pinオスコネクタを持つ機器とは、通常クロスケーブルで、下図の様に繋げます。
最も簡単な例では、RXD,TXD,GNDの3本だけで動作するものもあります。最近はCPUの性能が上がったり、送受信バッファが余裕を持っているなどの理由で、普通のスピードならば、シリアル通信でデーター送信を相手に待ってもらったりすることが必要なくなったこともあります。しかしながら、昔の機器と繋ぐ場合や、組み込みCPUで結構他の処理が重たかったりする場合に、ハンドシェイクと呼ばれる相手の状態を見て、シリアル通信を待ったりする必要が出てきます。そのために DTR/DSR , RTS/CTS があります。相手が遅くて相手の状態を見て待つ必要がある場合は、DTR 信号を見て送りますが、こっちは受信性能に余裕がある場合(いつ送られても大丈夫の場合)は、RTS-CTS をコネクタでショートして特に状態を見ないで済ませることもあります。
Rs232c
*昔 CPU内蔵の通信対応周辺機器の改版設計で、要求図面に9Pinコネクタで 2Pin TX ,3Pin RXという仕様なので「ああモデムなのか」と思って、コネクタもメスにして基板設計して、納入したら、なんと特別仕様のメスーメスのクロスケーブルを使っているとのこと。(よく聞くと、自社で何本も作っている長いケーブルなのですが、メスのDSUB9pinコネクタならいつも買い置きがあるので、共通にするために両側同じコネクタにしたそうです)前機種のパーツリストの品番を見ると確かにオスの品番でした。思い込みはダメですね...しっかり仕様書で確かめなくっちゃ。
さらに悪いことに...コネクタだけ変えればいいんじゃないかと思ったのですが、メスのコネクタの2Pinはオスのコネクタでは対称側の 4Pinになってしまうのです。
とりあえずジャンパ配線で修正しましたけど、結局パターン改版することになり、怒られました...

2014年7月12日 (土)

エミッタの気持ち?

エミッタの気持ち?とは

「エミッタの気持ちになれ!」
これは 2014年8月号のトランジスタ技術特集の第1章のタイトルです。
確かに回路図を見る時に、トランジスタで何を確かめるかと言えば、エミッターの矢印からくる極性ですよね。これで NPN か PNPかがわかります。
 この筆者は以下の図のような見方をしているそうです。
20140712_165406
まず、エミッターにコンデンサーがある場合...電圧増幅用のエミッタ接地回路と判るのは同感です。またその上側のトランジスターのエミッタが下のトランジスタのコレクタについているので、カスコード(カスケード?)接続だと判ります。正しくはこのトランジスタはベース接地回路のエミッタ入力動作ですね。
 また、次の「トランジスタのエミッターが電流源負荷なので、エミッターフォロワ」はちょっと判断が難しいですね。どちらかというと、コレクタが Vcc に繋がっているから交流的に接地されているので、エミッターフォロワじゃないかと判る方が早いかと思います。
 その下側のエミッターがグラウンドで、ベースが繋がっている&片方がコレクタベースと繋がっているのは電流源回路(カレントミラー)というのはちょっとエミッタだけでは判らないけれど、納得出来ます。
エミッタは結構抵抗で接地されている場合が多いので、その時にコンデンサーが付いているかあるいはショート防止程度の抵抗かで、エミッター接地かどうかの判断はつきますね。エミッターが直接GNDの場合はちょっと注意して回路を見なければなりませんね。
 今月号のトラ技はディスクリートのトランジスタを特集していて、最近ともすれば便利な OP-AMPを使っておしまいになりそうな設計を、プラスαするテクニックが身に付くのが、このディスクリートトランジスタの使い方でしょうね。
ヘッドホンアンプの記事では、ダイアモンドバッファはよく知っていますが、このスーパーソースフォロワはちょっと感心しました。時間があったら作ってみたいなと思わせる記事でした。

トランジスタ技術2014年8月号

2014年7月 1日 (火)

いちばんシンプルなアンプのはなし

いちばんシンプルなアンプのはなしとは

以前エミッタ接地コレクタ接地などの1石(1トランジスタ)での増幅回路のはなしを書きましたが、今回は最もシンプルな回路を実験してみました。
Schematr1
基本的にはエミッタ接地ですが、コレクタからベースに帰還抵抗でバイアスするので、適当なトランジスタを使ったりしても以外とラフな抵抗値でもそこそこ動作するのがミソです。
 エミッターに入れる抵抗は100Ωにしました。ここの並列のコンデンサーは入れないと、負帰還がかかって、約 10倍の増幅度で安定します。
オーディオなどに使うにはシンプルですが、もっと増幅度が欲しい場合はこのコンデンサーを大きくします。以下シミュレーション特性で見てみます。
Freqtr1
 赤の線は 100Ωだけの場合。設定で入力は 100mV にしていますので、約10倍になってますね。緑の線はエミッターのコンデンサーを 10µF にした場合です。
ゲインが180倍ぐらいになります。高域はトランジスターの性能にも影響されますが、数MHzまではOK。しかしながら低域は1KHzで50倍程度に落ちてしまいます。
低域を伸ばすのは結構大変
これはエミッターの抵抗の 100Ωという低いインピーダンスのためで、低域でコンデンサーの抵抗が増えてしまい、ゲインが上がらないのです。ここのコンデンサーを 100µF に増やしたのが、青色のグラフです。10Hzまで出すには 1000µF以上が必要になりそうですね。簡易的にゲインを増やしたいなら、コンデンサーを入れずにここの 100Ωの抵抗を減らした方が良いかもしれません。
 コンデンサーの容量はヘッドフォンを駆動する場合など数100Ωの負荷に対しても同じことが言えます。プッシュプルの出力から低域の信号を取り出す場合でもインピーダンスが低い場合はとても大きなコンデンサーが必要になりますし、大きな電解コンデンサーは音質的には不利になります。
それで最近ではバランス駆動といって、2つのアンプを逆位相で駆動してヘッドフォンのGND-L(CH) と GND-R(CH) と合計4つのアンプで駆動することで出力コンデンサーをなくしたり、電源ノイズをキャンセルしたりする工夫がされています。
コンデンサーがキモ?
 普通の1kΩぐらいのインピーダンスの信号だったら バイパスするには10µFで十分だと思えますが、インピーダンスの低い場所で、低い周波数では桁違いの容量が必要とされるのを覚えておいてください。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »