SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« デジタルの中のアナログ | トップページ | Win8 8インチタブレットのはなし »

2014年6月 2日 (月)

LPFのはなし

LPFのはなしとは

LPFは高周波では歪みから出る整数倍の高調波を減らすために低域のみ通す、ロー[Low]パス[Pass]フィルターです。オーディオでもDACなどでクロック周波数による歪みや高域成分を減らすために使われています。
Erlpf 通常の回路は右図のようにπ型5次ローパスフィルタでしたら、コイル2個、コンデンサー3個で、コイルは同じ値で、コンデンサーは中央が2倍の値になるのが最もシンプルなLPFの設計です。
しかしながら、減衰量を多く取るには段数を重ねなければならず、部品が増える上に、ロスも増えてしまいます。 
 そこで少しの部品追加で色々と回路や定数を変えることにより、シャープなフィルターが出来ないかと考え出されたのが、チェビシェフフィルターですが、難点は通過帯域内にリップルというレベル変動が起きてしまうことです。これをどの程度まで許容するかというとこから、リップル許容量を元に設計を行います。
ハード的には
 右の下側は、リップルが帯域内にも帯域外にもあっても良いから、とにかく特定周波数の減衰量を高めたいという趣旨から設計された、エリプティック LPF (元は連立チェビシェフ特性と呼んでいた)の回路です。コイルやコンデンサーの定数がいろいろ違うので面倒ですが、2倍や3倍の高調波を決め打ちで落とすには良い回路です。
 ただ難点も有ります。周波数特性グラフを見れば判りますが、特定領域でシャープに落ちていますが、ずっと高い周波数では逆に減衰量が減っています。これは回路を見ても判るように、本来通過させないで阻止しているコイルにパラレルにコンデンサーが入っており、このコンデンサーとコイルで並列共振して特定周波数である程度の減衰量を得ているので、高域ではコンデンサーが筒抜けになってしますのです。
また、部品によっては、温度変化や容量誤差で周波数がうまく合わずに、希望する2倍や3倍の周波数で減衰量がとれない場合があります。そんなときはコイルを広げたり、コア入りの可変インダクタンスを使ったりして調整する工夫が必要です。
ソフト的には
簡単なフィルター設計には稚拙 iPhone アプリ FIL-Calc
をどうぞ。

PS:もう30年以上前ですが、輸出用CBトランシーバーの設計で、このエリプティック型の LPFを送信出力段に前任の設計者から引き継いで使っていたのですが、なかなか高い周波数でのスプリアスが取れないで苦労した覚えがあります。
しっかりした金属箱で段間までフィルターを囲んだりしてあったのですが、有るとき、他社さんの出力段を見てびっくりほとんどケースらしいケースに入れなくても、ばっちり高域が落ちているんですね。
 見ると普通のLPF で1段多いぐらいでした。おまけにただの空芯コイルで良いし、調整も必要ない。きっとパラに入れていたコンデンサーが逆に悪さしてたんですね。
 現在なら SMD部品など使えばもうちょっと良いかも。

« デジタルの中のアナログ | トップページ | Win8 8インチタブレットのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

チェビシェフ型LPFと エリプティック型LPFを(シミュレーションで)組み合わせれば
良いのではと思います。

エリプティック型LPFの減衰極を 2次高調波に合わせ、3次高調波以上は
チェビシェフ型LPFで落とすように、、、
RFシミュレータには最適化機能があるので、ついつい それに頼ってしまいます。

XXX型と記したのは、数学的では無く 回路形式が似ているという事です。

Maeda さん
そのとおりですね。最終段に普通の LPFを組み合わせれば良いのですが、このCB開発のときはLPFの仕切り付きシールドケースが前機種で出来てしまっていたので、段数を増やせなくて、かつ3次高調波がぎりぎりで、コア入りコイルで同調をとって落としたりして大変でした。
 次の機種では1から再設計したので、普通の空芯コイル3段であっさりクリア出来ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/59746918

この記事へのトラックバック一覧です: LPFのはなし:

« デジタルの中のアナログ | トップページ | Win8 8インチタブレットのはなし »