SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« クローズアップレンズのはなし | トップページ | 9V → ±4.5V 変換回路追加 »

2014年5月15日 (木)

Win8 タブレット

Win8 タブレットとは

Windows 8.x が動作する 8インチ画面のタブレットですが、早くからエイサーの ICONIA W3 が発売され、その後 Lenovo ,Dellなど各社から安いタブレットとして4万円から5万円くらい、しかもOffice付きで出てきました。
  また Microsoft の 8インチ以下の Windows の OEM版 を無料にするなどの、iPadやAndroidに対する対抗策を取ることが最近話題になりました。
 で、本日届いた eTRENDのメールでは、無料版 Windows機?かなと思える機種が..
20140515_135940
今の Office Personal付きが ¥40,937 に対し、5月末発売予定のものは ¥34,980とあります。よく見ると、現在の W4-820が内蔵メモリ 64G に対して、新しいのは 32Gの様ですね。足りない分を マイクロSDカードで補うようなことを書いています。
単にメモリを減らしてコストダウンだけなのか、Windowsの無料化だけでは値段が下がらないからか...なのかは不明ですが、今後が楽しみです。
この機種が発売されたら現行の売れ残り機種も値下がりするのでしょうか?
各社も追随するのではと思われますが、 通信SIM機能が付いたり、GPSが付いていたり、HDMI出力機能があったりで、結構各社差別化していますので、新製品が楽しみですね。
 仕事でバリバリ使うには、マウスとキーボードが必須みたいですが、最近はFullHDの解像度のタブレットも出てきたので、Micro USBでなくて普通の USBが2個ぐらい付いていれば、キーボードとエミュレターつけて、PICの開発マシンにも出来るので、期待しちゃうのですが....

« クローズアップレンズのはなし | トップページ | 9V → ±4.5V 変換回路追加 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/59647067

この記事へのトラックバック一覧です: Win8 タブレット:

« クローズアップレンズのはなし | トップページ | 9V → ±4.5V 変換回路追加 »