SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 9V → ±4.5V 変換回路追加 | トップページ | LPFのはなし »

2014年5月22日 (木)

デジタルの中のアナログ

デジタルの中のアナログとは

よくデジタルの説明では、スイッチの ON/OFF などが使われていますが、実はスイッチがONになるのはアナログの世界なのですね。力を加えると、物理的な金属板が接触して電流が流れるのですが、微細的にはこの金属が振動して、接触したり離れたりを繰り返しているのです。
Analog リレーなどの接点もそうで、ONさせればなめらかに接触していると思うとトラブルの元です。
 右図はスイッチを CPU で一定間隔で読んでいる状況を考えたものです。スイッチにはチャタリングといって押したり離したりする過渡期にON/OFFを繰りかえす性質がありますが、読むタイミングが悪いと右図のように、1回しか押さないのに3回も押されたと検出し、押し方によってカウント数が変わるなんてトラブルが起きます。
 これはスイッチの内部のアナログ的動作を考えないといけない例です。通常は2度読みなどをして確実な ON/OFFをとらえるようなソフトにします。
もう1つのポイント..待ち時間
もう1つは、アナログが関連するところに常に「待ち時間」の概念があることです。
右図の PLL[Phase Lock Loop ]の動作で考えてみます。
通常 PLL に周波数設定のデーターをセットするとある時間(t1)で周波数が変化してセットした周波数に変更されます。
通常使う場合に色々実験して最適な t1 より少し長い時間を待って、PLLのロックを確認します。ロックがほとんど問題無ければそのまま動作 OK としますが、面倒がってロック確認しなかったり、「最長の時間だけ待てばいいや」とすると、例えば低温時や周波数を大きく変化させた場合、周波数が下限や上限に近くなってロックしにくい場合にはこの t1 ではロック出来ないトラブルが出てきます。
これは PLL のフィルタ時定数やループのゲインなどの要因でチューニング電圧の変化するのが時間がかかり、結果としてロックに時間がかかってしまうのです。
人間の感覚では数mS は無いのと同じくらいですが、CPU 制御では「待ち時間」が必要なレベルです。
この世のほとんどの現象は「ある一定の時間がかかるアナログ処理」であること忘れないで下さい。それはコントロールする側が無視できるか、出来ないかの違いだけでしょうね。

« 9V → ±4.5V 変換回路追加 | トップページ | LPFのはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/59685480

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルの中のアナログ:

« 9V → ±4.5V 変換回路追加 | トップページ | LPFのはなし »