« 未来予測レポート? | トップページ | 強制空冷のはなし »

2013年6月28日 (金)

Eye-Fi カードのはなし

Eye-Fi カードとはImg_0741

SDカードに WiFi 通信機能がついているカードで、Mobile x2 8GB ってやつを買ってみました。オレンジ色のまぶしい色で、これなら他のSDカードと間違えなくていいなと思いました。
付属のソフトがなかなか
 私はMAC使いなので、MAC用のソフトをインストールすると Eye-Fi カードがどのWireless LAN のネットワークにつなげるかを設定するだけです。
 スマホにも接続出来るようですが、スマホに画像が転送されても容量の点で厳しいので、それはまだ試していません。
 メニューバーに Eye-Fi のアイコンが登録され、画像を開く Eye-Fi Center というソフトがインストールされました。はじめはこのソフトで Eye-Fi カードと接続してほしいデーターをコピーするのかと思いましたが、さっそくカメラにカードをセットして撮影してみるました。
読み込みは自動!
 すると、MAC の画面に自動的にファイルを読み込むウィンドウが出るじゃありませんか!20130627_223649ディスプレイの右上隅に右図のようなファイルのプレビューイメージと一緒に進行中表示が出ます。
 しかしながら、多くの写真を転送しているとカメラが勝手にスリープして内部の電源が切れ、転送が途切れてしまうのです。また電源を入れれば途中から転送が継続しますが、この理由が判るまで、途中で転送が止まってしまうので撮ったはずのデーターが無いので悩んでいました。
 転送されたファイルは、ユーザーのピクチャフォルダの中に Eye-Fiというフォルダが作られ、その中に日付け別に分類されたフォルダの中に入っています。
 ですから、気に入った写真だけを iPhoto などに読み込めば良いのですが、何も気にせず撮った写真が MAC の中にあるのは、iPhone の「フォトストリーム」みたいで、いままで SDカードをUSBカードリーダーを使って本体に刺して、iPhotoを立ち上げてコピーして、終わったらSDカードをゴミ箱に入れて接続解除する。など、SDカードリーダーが見当たらなかったり、接続解除しないで外して怒られたり、SDカードを戻すのを忘れて、カメラは持っていったが、カードが入ってなくて撮影出来なかった...などの悲しいことが少なくなるかと思うのです。
最近は草木の芽が伸びてくる季節ですね。今年の3月頃背が高くなりすぎたコーヒーの木を思い切って根本からバッサリ切って、再生を狙っていたのですが、5月になっても芽が出てこないで、「こりゃ失敗したか?」と思っていたところ、太い幹の横から新芽が出てきました、恐るべしコーヒーパワー!
Coffemebuki

|

« 未来予測レポート? | トップページ | 強制空冷のはなし »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eye-Fi カードのはなし:

« 未来予測レポート? | トップページ | 強制空冷のはなし »