SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« LPFでデバイダーのはなし | トップページ | CMOS-Gate で水晶発振のはなし »

2013年3月24日 (日)

OPアンプの出力範囲のはなし

OPアンプの出力範囲とは

OPアンプは昔は±15Vで使うのがポピュラーで、正負の電源を用意するのがあたりまえだったけれども、マイコンとのインターフェイスなどで+5V単一電源や+12V単一電源などで使う場合が増えてきました。
 みんなOPアンプだからピンコンパチだし...と思って使ってみると、出力が0Vまで出なくでLowに認識されなかったり、5V電源で 3V しか出力電圧が出ないこともあります。
ハード的には
通常のOPアンプのOP07などを例にとって内部回路を見てみます。
Op07
出力は通常のNPNとPNPトランジスタのプッシュプルタイプで、エミッターフォロワーの回路です。この回路では+側の最大出力を考えると、エミッター電圧よりVbe分高くしなければならないので、たとえ電源電圧いっぱいにベース電圧を加えても、エミッターにはVbe(約0.6V)程度低くなってしまいます。同様にGND側の最小電圧を考えても、ベースを0Vにしてもエミッターは +Vbeになってしまいます。
このように通常のプッシュプル回路では最低でも Vbe分、ドライブ回路を考えると通常は 1.5V〜2V程度 Vccや GNDから出力出来ない範囲が生じます。
 入力側の特性を考えてもエミッター接地のアンプなので、Vbe以下の電圧には反応できませんから、単電源で使う場合は0Vの入力ができません。
Lm358
上図は単電源対応のLM358です。入力がPNPトランジスタなので、GND付近のレベルまで入力出来ます。出力もGND方向に定電流が追加していますので、出力電圧は0V付近まで出すことが出来ます。しかしながら電流源なので、大きな電流をGNDに引き込むと電圧は上昇してしまい、大電流出力には不向きです。このOPアンプも正方向の出力は電源電圧より1.5V程度低くなってしまいます。
しかしながら、0Vからのアナログ電圧をCPUとON/OFF制御でインターフェイスする5V単電源で大変便利なOPアンプです。
Ad8591
次の図はAD8591というレールツーレール出力のOPアンプです。
出力段はFETを使っていますので、抵抗値は数10mΩと小さく電圧降下も少ないのでほぼ電源電圧いっぱい使うことが出来ます。またソースがVcc,GNDに繋がっていますので、正の電圧を出力するにはゲート電圧は電源電圧より低くでき、GNDへの引き込むにはゲートにかける電圧はある程度の正の電圧でよいため、電源範囲をめいっぱい駆動することが出来ます。入力も0Vをかけた場合でも入力FETのゲート電圧は直線変化する領域ですので0Vから電源いっぱいまで入力することが出来ます。
ソフト的には
このようにOPアンプの種類を必要な出力電圧範囲や入力電圧範囲で選択することが必要です。しかしながらレールツーレール入出力OPアンプだからどんな用途・回路でも大丈夫と思ってチェックを怠ると、レールツーレールOPアンプの落とし穴にはまってしまいますよ。

« LPFでデバイダーのはなし | トップページ | CMOS-Gate で水晶発振のはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/57026618

この記事へのトラックバック一覧です: OPアンプの出力範囲のはなし:

« LPFでデバイダーのはなし | トップページ | CMOS-Gate で水晶発振のはなし »