SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« A/Dコンバーターのビット分解能のはなし | トップページ | 12.395MHZ XTAL FILTER & MOD 回路図追加 »

2013年2月13日 (水)

SSDのトラブルのはなし

SSDのトラブルとは

これはこの3連休に私が遭遇したトラブルのはなしです。
あまり技術とは関係ないですが、MAC関連でのはなしとして一話。
Unnamed
私が普段使っている MAC は Mac mini 2011 といって、一代前の小型デスクトップMACなのですが、BTO( Built-To Order )で CPU は Corei7 2.7GHz で、サーバー用でないグラフィックス用にAMD Radeon HD 6630Mを使っているので、初代CinemaDisplayにつなげてもShadeなど 3Dグラフィックス関連は Core2Duo よりも遥かに快適です。
 その大きな速度向上の要は SSD です。今回 500GB純正HDDで立ち上げることを繰り返していやになるほどその速度差を身にしみました。
始まりは Flash Player Update?
普通にFlashのアップデートかけて使っていると、何かの拍子にカーソルがレインボーカーソルでくるくる。ちっとも止まらないので、アプリを切り替えてアップルメニューから強制終了させようとすると、こんどはアップルメニューをクリックしたままメニューがフリーズ。
これは悪質だと思って、しかたなく電源ボタンで強制終了して再起動。
>普通に立ち上がったので、ディスクユーティリティでチェックしても問題なし。また使っているとレインボーカーソルで同じ状態。「さてはさっき入れた Flash Player アップデートのせいか?」と WEB検索してLionで同じようなトラブルがあったそうな.....UnInstaller があるので、それで消去。
これでいいだろう思って使っていると、また再発。
お決まりの再インストールだ!
その後はOS 再インストールですが、上書き再インストールでは直らなかったので、仕方が無いのでSSD初期化からやろうとその前に外付けHDDにバックアップ....
しかし甘くないですね、バックアップ途中でフリーズが多発。いいだろうと思ってそのままにして帰ってきてみると止まってる。大事なメールデーターや書類フォルダをすこしづつ移して、アプリは 500GHDの方を立ち上げれば使えるので、最新データーのみを保存して、さあ初期化してインストール!
もしかして 500GHDDのせいでは
と思って、Mac miniを開けて HDDを取り出し、USBディスクケースにつけてSSDから起動。しかしながら芳しくないですね。もう2日間、12時過ぎまでインストールやらコピー作業で頭と体はくたくた(MAC対応作業は夜しかしないで、昼間は仕事や雑事なので)ボーっとした頭で Google 検索して「新しい 500G のSSDに換装しようか」と思って価格検索しているとなんとこんな記事に引っかかったのです。
-----------------------------------------------------------------
Crucial SSD m4シリーズ Micron C400において、マイクロン社がファームウェアの不具合があることを認め、問題を回避する新ファームウェアを発表しています。
........ 省略

不具合の事象:

使用時間が5,184時間(18時間使用で約18ヶ月)を超えるとSSDが認識されなくなり、ブルーバック状態になります。

その後PC電源再投入で復帰しますが、約1時間後に使用時間情報がSMARTに送信され、同様のブルーバック状態になります。

以降その繰り返しとなります。

回避方法:

Firmwareのアップデートにおいて回避可能です。

-----------------------------------------------------------------

これですよ、SSDが悪いんだ!

毎日 12時間は入れっぱなしだから、 5184 ÷ 12 = 432 日だから1年と2ヶ月ですよ。そういえば Macmini買ったのは 2011年 10月で、ほとんど同時に SSD化したので、この連休にきちゃったんですね。

スピログさんの記事に従い、ファームをCDに焼いて CD ブート。なんとMS-DOS がマックで走ってました。無事ファームアップしたら何ごとも無いように、快調です。新しいファームウエァは 40H というバージョンでした。
まだ十分ソフトインストールしてなくて使いにくいけど、SSDもきれいになったし不要アプリの一掃にも役に立ちました。かみさんが「そんなに調子悪いんだったら、新しい MAC に換えたら」の一言に喜んだのつかの間、直ったら買えなくなっちゃった。残念!

« A/Dコンバーターのビット分解能のはなし | トップページ | 12.395MHZ XTAL FILTER & MOD 回路図追加 »

MAC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/56759674

この記事へのトラックバック一覧です: SSDのトラブルのはなし:

« A/Dコンバーターのビット分解能のはなし | トップページ | 12.395MHZ XTAL FILTER & MOD 回路図追加 »