« フクシマのお米を買いました | トップページ | 静電保護のはなし »

2013年1月18日 (金)

YAESU FT101Z 周波数カウンター入力部回路図追加

YAESU FT101Z の周波数カウンターの入力部分の回路を SCHEMATICS に追加しました。
増幅段に ECLを使っていますので、ECLの実践的な使い方を見るのに良い回路だと思い記載しました。
Ft101zcounter
FETである程度増幅して ECL(MC10116)の入力感度レベルの 150mV 以上を確保します。
ECLの入力はバイアスを加えることが必要で、差動の2つの入力とも IC内部の VBB という端子から 2.2KΩでバイアスをもらっています。
出力段は必ず終端抵抗が必要で、ここでは 510Ωですべての出力端子を終端しています。ICのもっている3段を有効に使い、最終段でPNPトランジスターを駆動しています。この最終段では220Ωで正帰還をかけて High/Lowの変化途中のノイズを減らしている効果を得ています。
 最終段の1KΩと0.01µFに繋がるダイオードの働きが不明ですが、ECLの出力からのダイオードの向きを見ると、トランジスターが ONするにはこの1kΩでベースをGND側に電流を流すのですが、トランジスタのコレクタから High Level 出力されるとここの電位が上がります。OFFの時はベース側のダイオードのよってもチャージされますがダイオード2個分電圧が下がりますので、次の ONする動作には悪影響はありません。
想像すると、トランジスタのベース電位をある程度確保して ON/OFFする際のベース内電荷移動量をへらしてスピードアップさせているのではないでしょうか?

|

« フクシマのお米を買いました | トップページ | 静電保護のはなし »

DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

お尋ねいたします。
FT-101ZSの周波数カウンターが壊れたのですが、本体からどの様な周波数が入力されているのでしょうか?
ただ単に、普通の周波数カウンター(0~100Mhz)を本体からの出力端子に接続すれば良いのでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿: JH3PYD | 2022年3月17日 (木) 06時23分

FT-101Zの周波数カウンター出力端子には、IF周波数 8.9875MHzの上側ローカル用の周波数を入力されるので、実際に周波数カウンターを繋げてもずれた値しか表示されません。このコネクタは PREMIX UNIT のP01 または J01 に出ています。
 単純にVFO周波数で1MHz 台は読めそうですが、上側ローカルなので、VFOや ローカルの周波数が高くなると受信周波数が下がるので、普通のカウンターでは難しいかと思います。ミキサー回路を使って J01(P01)からの周波数から 8.9875MHz引ければ良いのですが、結構大変ですね。

周波数カウンターは10進カウンターと7セグLED表示器での構成で、USB/LSB時に周波数をオフセットする回路があります。
LEDが全く表示されない ....電源関係
LEDが0表示のまま....プリスケーラーMC10116やその後のカウンタの故障
 またはゲート用のクロック関連(X01,Q05 MSM5564 )およびドライバ SN74S00 ,SN74LS04)
途中の桁が表示されない...LEDドライバ MSM561の故障
高い周波数桁が動かない...途中のカウンタ 74LS196の故障
などで、分かりますかね?
チェックしてみてください。
オシロがあれば分かりやすいかと思います。
74LS196 の Pin8 入力 Pin12 が出力です。

投稿: SUDOTECK | 2022年3月17日 (木) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAESU FT101Z 周波数カウンター入力部回路図追加:

« フクシマのお米を買いました | トップページ | 静電保護のはなし »