SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« FSpeed 1.5 バージョンアップ | トップページ | たどり着くまでのはなし »

2012年10月26日 (金)

差動増幅回路のはなし

差動増幅回路とは

差動増幅回路については差動アンプのはなしで原理については書きました。
今回実際使用する例を挙げて、回路動作を考えていきます。
どんな時に必要か?
今回必要になった事案は電流検出ユニットのインターフェイスからでした。
20121026_111619
パワーアンプの電源電流を検出するためのユニットですが、出力の仕様が2.5Vを中心に電流によって±?V 出力されるというものです。確かに計ってみると電流に応じて電圧が変化しますが、「2.5Vを中心じゃ困ったな〜シフトさせようか」とおもってピンを見るとリファレンス用の2.5出力があり、この電圧と差動で増幅すれば良いようです。
まずはシミュレーション
をしてみようと、SIMetrix を立ち上げて、こんな回路を作りました。
Cir1
信号源を 2.5VのDCオフセットと、1Vp-pのサイン波信号として合成して作り、まずは非反転増幅回路で増幅率2倍でそのまま信号を +入力にします。すると
Gr1
このグラフの赤色、6Vを中心に±1Vの出力となりました。2.5V x 2 = 5V , (2.5V+1V) x 2 = 7V なのでそのまま2倍ですね。
これでは差動にならないので、マイナス入力をオフセット入力とした 2.5Vのポイントに接続したのが次の回路図です。
Cir2
 この出力が上のグラフの緑色なのですが、何か変ですね。サイン波の波高は2Vになって増幅されていますが、下限が 2.5Vあって 0Vになってないのです。よく考えてみるとこの回路では単純に2.5V オフセットしただけで2つの入力の差を増幅している訳ではないようです。どうすれば差分の増幅ができるのでしょう?
 それが次の回路です。
Cir3
 どこが違うかというと、+入力とGNDの間に抵抗 R5 が入っているのです。よく見ると抵抗の値も違いますね。
 オフセット電圧を VF サイン波の信号電圧を VS 、+入力端子の電圧を Vp,-入力端子を Vn とすると、オペアンプの出力電圧 Vo (0Vに近い値を想定)として
( Vn-Vo )/R4 = (VF-Vn)/R3
Vp= ( VF + VS) x R5/(R2+R5)
R2 = R3=1 , R4 =R5=2  なので
Vn -Vo = 2VF-2Vn   変形して  3Vn = 2VF +Vo
Vp = VFx 2/3 + VS x 2 /3 変形して 3Vp =2VF +2VS
OPアンプが正常動作時には2つの入力の電圧は同じなので、
3Vn = 3Vp
2VF+Vo =2VF + 2VS
Vo = 2VS
となり、純粋に信号分を2倍に増幅します。
結果のグラフが以下のとおり
Gr2_2
緑の線が回路図どおり2倍の結果。すべての抵抗を 1kΩにした時は赤色のように1倍の増幅度となります。
 
 


« FSpeed 1.5 バージョンアップ | トップページ | たどり着くまでのはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/55974640

この記事へのトラックバック一覧です: 差動増幅回路のはなし:

« FSpeed 1.5 バージョンアップ | トップページ | たどり着くまでのはなし »