SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« ParallelsDisktop7 HDBench のはなし | トップページ | ありがとう Steve のはなし »

2012年10月 2日 (火)

コルピッツはCMOS発振回路?のはなし

コルピッツはCMOS発振回路?とは

Colpits  コルピッツ水晶発振回路は右図のようにトランジスタのベース-GND 間に水晶を接続し、基本的にはコレクタ接地のエミッタフォロァー型の回路なのですが、ベースーエミッタ間の帰還コンデンサーとエミッター-GND間の帰還コンデンサーで発振制御します。出力は基本波発振はエミッターから取り出します。水晶の一方をGND電位に出来るので比較的安定して発振できるのですが、この回路をちょっと見ても水晶で帰還されて発振する回路とはイメージが沸きません。しかしながらちょっと見方を変えると、実はデジタル回路でポピュラーなCMOS インバーター発振回路と同じ動作をしていることが解ります。では順を追って考えてみましょう。
1)まず交流回路のみ考えてみる。
 初めの回路はバイアス回路や電源回路を省いて書いたものです。
 コンデンサーでコレクターが接地されていますので、ここでは高周波的にGNDに落ちているものとして書いてあります。
2)次に出力端子の GND 側とシグナル側を反対にしてみます。
 こうしてエミッターを接地した回路に変更しても、高周波的には問題無く動作するはずです。直流的にはちょっと心配ですが、その点はちょっと置いておきましょう。
3)次に水晶の位置をベースーコレクタに移動して書いてみます。
 もともとそのように繋がっていたので問題無いでしょう。
 コンデンサーと抵抗も移動します。
4)移動したので、今度は解りやすく GNDシンボルで表記し直します。
 おなじみの回路になってきました。どうやら水晶をコレクタ・ベース間に入れるもう1つのピアース B-C 発振回路になってきました。
5) 最後にトランジスターを CMOS インバーターに
 トランジスターの B- C 間はCMNOSゲートでは インバーターという動作になるので、交換してみます。
 そうするとインバーターの入出力に水晶を接続して帰還させ、負荷インピーダンス制御のためのGND間へのコンデンサー2個が接続される、あのおきまりの回路になりましたね。
ソフト的には
 昔は水晶発振だったら、コルピッツ発振回路の方がポピュラーだったのですが、最近は水晶発振といったらマイコンのクロックに使われる方が一般的になって、CMOSインバーターの方がよく見られますね。そんなルーツがわかっているとゲートICが足りないときなど トランジスタ1石でクリスタル発振器が出来ることを思い出してくれると嬉しいですね。
参考図書------------------------------

定本 続トランジスタ回路の設計

« ParallelsDisktop7 HDBench のはなし | トップページ | ありがとう Steve のはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/55798310

この記事へのトラックバック一覧です: コルピッツはCMOS発振回路?のはなし:

« ParallelsDisktop7 HDBench のはなし | トップページ | ありがとう Steve のはなし »