SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 整流用ダイオードで RFスイッチのはなし | トップページ | カペルスキー for MAC の悪事のはなし »

2012年9月 9日 (日)

USBディスプレイアダプタのはなし

USBディスプレイアダプタとは
USBケーブルで接続してディスプレイを増設するアダプタです。この間仕事で使う X200を外付けの Apple Cinema Display21' に繋ぎたかったのですが、このディスプレイは DVI-D接続のみで、ノートパソコンで一般的な D-SUB15P ( VGA )入力がないのです。12dh94000009060m
そこで、ディスプレイを買うにも2台では邪魔だし、かといって安価なディスプレイは色校正が出来るか不安なので、Nanaoが買えるまで貯金をがんばって...、といまいち買い替えに踏み切れていませんでした。ところが、今回「 Visual-Studio の画面くらいだったら遅くでもいいか..」と思って、IO-DataのUSB-RGB/D2なるアダプタを買ってみました。
ハード的には
 名刺サイズの箱で、厚さは2cm でとっても軽い「こんなんで大丈夫?」と思いながらソフトをインストールして Displayに繋ぐと、簡単に表示できてしまいました。繋ぐまでは 「1900 x 1200 までの解像度に対応」とあったのですが、この CinemaDisplay の 1600 x 1024 にちゃんと対応出来るか不安だったのですが、きちんと認識してくれました。
 Windows の画面の設定で見るとどうやらこの画面は 3 番目(たぶん本体に付いている VGA 出力が2番目)となっているようで、フルカラーサポートでした。
 いざ VisualStudio を画面いっぱい動かすと、快適快適... いままでスクロールしなければ表示出来ないフォームも楽々表示出来、ファイルウィンドウやプロパティもゆったりとした表示です。
表示速度も問題なく、ちらつきもないので、 HD-Benchというソフトで速度を比較すると、内蔵LCDは
Internallcdと、早いのかおそいのか解らないですが、外付けの結果は
Extlcd
となっており、なんだか外付けの方が早い? ... じゃないですが、たぶん描画が終わったタイミングがUSBではうまくつかめていないのか、実際のスピードとはちょっとかけ離れてました。やはりテストの状況を見ていると描画がゆっくりなのが解りますし、ちょうどBITBLT の値位がほんとのスピードの感じですね。しかしながら通常使う分では全く問題なく、これならずっと前から使えば良かった...と後悔しています。
ちなみに Amazon でI-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター 「USBグラフィック」 デジタル&アナログ対応モデル USB-RGB/D2 ¥6,533 でした。机のスペースがある人ならばあと ¥5,000 も出せば 21inch FullHD のdisplay が買えますけど、USB接続はけっこうお手軽ですね。使っている人の声を聞くと、4台位でマルチディスプレイするのに使っているそうです。
またしばらく使ってからレポートします。


« 整流用ダイオードで RFスイッチのはなし | トップページ | カペルスキー for MAC の悪事のはなし »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/55617801

この記事へのトラックバック一覧です: USBディスプレイアダプタのはなし:

« 整流用ダイオードで RFスイッチのはなし | トップページ | カペルスキー for MAC の悪事のはなし »