SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« FAXが送れないで戻ってくるのはなし | トップページ | コルピッツはCMOS発振回路?のはなし »

2012年9月29日 (土)

ParallelsDisktop7 HDBench のはなし

ParallelsDisktop7 HDBench とは
MAC上で Windows を実行できる環境なのですが、Core2Duo のMACのころは「なんとか動く」程度で快適とは言えないものでした。しかしながら、最近 SSD を使ってファイルアクセスが高速になり、CPUも2コア4スレッドや4コア8スレッドのマシンでは結構快適に動くので、さてどのくらい早くなっているかを HDBENCH というソフトで速度を比較してみました。
まずは Windows マシン
 仕事で使っている Lenovo X200 というノートブックで仕様は
Core2Duo P8700 @ 2.53GHz
2.96GB RAM
画面 1280 x 800
HDD FUJITSU MJA2250BH 240GB
Windows XP Proffesional です。
X200bench
ノートブックなので特別なGPUは使っておらず、チップセット内蔵なので特に DirectDraw などは遅いですね。CPU性能は問題無く、FLOATも早い。メモリ Readは早いが Writeは遅い、
次に Mac mini 2011上の ParallelsDisktop7
Corei7 @2.7GHz 2コア4スレッド品
8GB RAM 1333MHz DDR3(Win 2GB)
画面 1280 x 800
SSD 256GB Crucial M4 series
Windows XP Mediacenter edition
Parallels_picture
仮想マシン上なのか、CPUのFloatがInteger の4%程度しかない?しかしながらGPUの効果もあってDirectDraw は XPノートの3倍近い。驚異的なのは HDD( SDD )の速さ。4倍以上早いので、起動やファイル更新には効果が絶大ではないかと思われます。ALLの性能では3倍以上高速とのこと。
最後に MBP Retina 上の ParallelsDisktop
Corei7 2.6GHz 4コア8スレッド
16GB RAM 1600MHz DDR3 ( Win 2GB)
画面 1680 x 1050
500GB SSD Windows XP
Parallelsretina_picture
特徴的なのはCPU性能は CPU割り当てがどちらも2CPUなのであまり変わりがないが、SSDがさらに2倍以上高速なのが効いているようだ。CPUがFloat でIntegerの 17%程度まで上がってきていることが、CADとかにも有利に働いているようだ。ALLでは Windowsノートの4.4倍なので、快適そのものでしょう。
終わりに
 今回は ParallelsDisktop にはCPUを2個RAMを2GBしか割り当てていないが、通常使う分には快適だったことから、やはり SSDによる読み書きのスピードアップは効果が高いことが解った。X200も時間が出来たら SSDに換装してまたベンチマークを取ってみたい。


« FAXが送れないで戻ってくるのはなし | トップページ | コルピッツはCMOS発振回路?のはなし »

MAC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/55775362

この記事へのトラックバック一覧です: ParallelsDisktop7 HDBench のはなし:

« FAXが送れないで戻ってくるのはなし | トップページ | コルピッツはCMOS発振回路?のはなし »