SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« パセリのパワーのはなし | トップページ | ICOM IC 780 のアンテナチューナー回路図追加 »

2012年6月18日 (月)

Retina MacBook Pro のCPU

Retina MacBook Pro のCPU とは
 ちょっとMACのはなしが続いてしまいますが、最近の話題なのでお許しを。
Retina MacBook Pro(以下 Retina MBP)は2種類ありまして、安いほうが184,800円でCPUは2.3GHzとあります。高い方は238,800円でCPUは2.6GHzとあります。今回はCPU は Ivy-Bridge といって、22nmルールの 3D トランジスターを使って漏れ電流が少なく、省電力な CPUだそうです。
CPUの性能比較というサイトで、CPUをチェックすると、どうやら2.3GHz MBPは Core i7-3610QM で性能スコアはP11344 だそうです。Turbo Boost 時 3.3GHz 4コア8スレッドは皆同じで、L2/256kx4,L3/6MB メモリは 2ch/DDR3-1600 HDgraphics 4000 650-1200MHz TDP 45Wとあります。
20120618_200749
対して 2.6GHz MBPは Core i7-3720QM で性能スコアは P 12035 Turbo Boost 時 3.6GHz 他は同じで、TDP45Wも同じ。 性能はクロックに比例して計算すると、12824 ぐらいになるはずが、ちょっと少ない。熱が増えるからかなぁ。
高い方の違いは、オプションで 2.7GHzを選べること。これは Core i7-3820QM でスコアは P 13454 クロック比例で計算すると i'-3610比 2.3GHz:2.7GHzで計算すると、13317 なので、こちらのCPUのほうがちょっと上回っている。TDPは 45W のままだから、やっぱこのCPU がベストかしら..と思うが、プラス 21,400円。SSDが 256GB 対 512GB なので、高い方との差額 はSSDとCPUの差で 54,000円。ベスト CPUならば 75,400円アップの 260,200円となります。
 そしてさらに問題なのが、メモリーは後で増設できないので、プラス 8MBで16GBにするにはどちらも 17,600円。安い方で我慢して、202,400 円かBESTは277,800円。うーんどうせならストレージを最大 750GBにして プラス 44,000円で、合計321,801円となりました。
 やっぱり、アプリがバカ売れするとかのキセキが起きないとちょっと買えないなぁ...と

追加:ちなみに普通の MacBook Pro 15インチも同じ CPUを選択できます。4コア8スレッドなので、メモリーとHDDを最初は安く抑えて,性能重視な方は通常のMBPでもよろしいのでは?SSDの 1TBも来年ぐらいは5万円ぐらいになるとかなら、ちょっと我慢できそうではないでしょうか?
 しかしながら、注意して頂きたいのは同じ MBPでも 13インチは2コアの Corei7なので、クロックスピードが2.9GHzと早くても性能は落ちます。次にきそうな Retina MBP 13インチが、4コアの Corei7ならば、それを待つのもGoodですが、熱的・バッテリーの容量からちょっと実現が難しいのではないかと思うのです。
 それならば、新しい MB Air 13インチはどうでしょう?同じ corei7で2GHzとクロックスピードは落ちますが、画面解像度は同じ、グラフィックは HD4000になって結構早くなったそうです。そして決定的なのが SSDの早さ。2010年のSSDに比べて3倍以上早いそうなので、これは..ちょっと悩みが増えてしまいそうなのですね。
追加2:Geek Banch というサイトで比較されていましたので、追記します。32Bit では Normal MBP 15'が最速でしたが、64Bitでは Retina 15' が最速です。面白いのは同じCPUでも Air 11'のほうが 13'よりちょっと早い。
Mbcpu_3
以前 Retina2.3GHzを3610QMと書きましたが、こちらの3615QMのようです。3610QMはパッケージがSocketG2のみで、BGA1224 がないため、BGA1224の 3615QMが採用されているようですが、スコアが結構落ちます。上記 Geek Bench 結果がユーザの集計なので、実際の使用感には合っているのではないかと思い、記載しました。 2012/7/12


« パセリのパワーのはなし | トップページ | ICOM IC 780 のアンテナチューナー回路図追加 »

MAC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/54996930

この記事へのトラックバック一覧です: Retina MacBook Pro のCPU:

« パセリのパワーのはなし | トップページ | ICOM IC 780 のアンテナチューナー回路図追加 »