SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 熱抵抗のはなし | トップページ | int 型にキャスト のはなし »

2012年3月28日 (水)

月刊誌のはなし

月刊誌とは
 トランジスタ技術とか、無線と実験とか毎月出ている雑誌ですが、

 古いことを思い出すと、トランジスタ技術は高校生の頃からとってましたが、小学生時代は「子どもの科学」、「初歩のラジオ」など、本屋さんが家まで毎月届けてくれました。当時は実体配線図がほとんどで、回路図を見れるようになったのは中学生の頃からでしょうか。アマチュア無線に興味を持ち味めた中学生から大学生まではしばらく「CQ誌」もとっていました。
 パソコン関係では、古くは「APPLEマガジン」(不定期だった)や「MAC+」などから、BNNから「MACLIFE」が刊行され、ASCIIからも 最初は「HyperLib」なるフロッピーやCD付き雑誌、そして今はたまに発行される「MAC Power」などが発行されました。PC関係では 「ASCII」・「I/O」が月刊誌で出ていました。パソコンで始めは16進ダンプのプログラムを打ち込んだり、BASICのプログラムを書いたりして当時は大変参考になりました。
 最近は情報の更新が早く、月刊では間に合わないのか、ずいぶん雑誌が淘汰されたように思います。ちょっとデザインの良い製品を載せた「RealDesign」なる2006年7月の創刊号を見つけて、気に入った月は買っていたのですが、今月号の5月号で最終号となって休刊するようです。
 かわりに最近とりはじめたのが、「AUTOCAR」でイギリスの雑誌の日本版だそうですが、20年の歴史があるそうです。2月号にプジョーの特集があったので、思わず買ってしまいました。外車のテストラン記事等比較的早く情報が載せられているようです。そしてこの本では、今月号のコラムでの以下の言葉に感心しました。「....ミニに今、必要なのは、自身のキャリアをミニの発展と完全に結びつけていけるリーダーだ。それは、有能ではあるがただ通過していくだけのBMWの経営幹部では、おそらくなさそうである。」BMWのミニ「クーパー」モデルの乱発に対する批判のようですが、日本でも本田宗一郎の後を継ぐ、SONYの革新性を継ぐ何かが出てこないのは、やはりただ通過していくだけの幹部のせいなのでしょうか?
 ただ通過していくだけの開発技術者とならないように、常に仕事に対しての取り組みに「初心に返る瞬間を持とう」と考えさせられました。


« 熱抵抗のはなし | トップページ | int 型にキャスト のはなし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/54332315

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊誌のはなし:

« 熱抵抗のはなし | トップページ | int 型にキャスト のはなし »