SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« FUKUSHIMAレポート届く | トップページ | Active Loop Filterのはなし2 »

2012年3月 5日 (月)

各社PLLループフィルター回路

SCHEMATICSに各社PLLループフィルター回路を追加しました。
1番目の KENWOOD TS-830 はエミッタフォロアーで入力インピーダンスを高くした後にダーリントントランジスタ接続で電流増幅率を稼いだ反転増幅回路になっています。この出力からエミッタフォロアーの入力に帰還されループフィルターを形成しています。
2番目の ICOM IC710の回路はオペアンプを使った一般的なもので、オペアンプに±8Vの電源を使い、入力と出力に比較的時定数の短いCRのローパスフィルタ、帰還として 0.2µFと5kΩ程度の抵抗で大きめの時定数をつくっています。
最後の YAESU FT-757ですが、アクティブ素子を使わない CRのローパスフィルター(ラグフィルター)に 0.47µF と 470Ωで大きめの時定数を作ったラグリードフィルター回路を使っています。
Vco_filters
関連項目-------------------------------------------------------
PLLのはなし
チャージポンプのはなし
IC-710 PLL & VCO回路


« FUKUSHIMAレポート届く | トップページ | Active Loop Filterのはなし2 »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

RFデジタルプログラマーさん、お早うございます。
各社PLLループフィルター回路、拝見しました。KEWOODとICOMには、積分回路が入っていますね。PLLの回路は設計したことが無いのですが、私が見かけた範囲では、ループフィルタに積分回路が入っている例は、初めて見ました。以前から「積分回路がないと定常偏差がのこるな」と思っていました。CQ出版のPLLの本でも俗に言うラグリードフィルタが使われています。高周波回路のPLLでは、ループフィルタに積分回路を採用するのは、当たり前の技術なのでしょうか?

オペアンプやトランジスタを使ってアクティブなフィルターを作る場合、ゲインを決めるだけでなく、位相特性を改善するうえで低めの周波数の帰還(積分回路)を使います。
 最近は周波数が高くなると、PLL位相ノイズ改善のためにアクティブフィルターが多用されると思います。Active Loop Filterについてはこちらをご参考に..
http://sudoteck.way-nifty.com/blog/2010/07/active-loop-fil.html
http://sudoteck.way-nifty.com/blog/2012/03/active-loop-fil.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/54146502

この記事へのトラックバック一覧です: 各社PLLループフィルター回路:

« FUKUSHIMAレポート届く | トップページ | Active Loop Filterのはなし2 »