SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 各社PLLループフィルター回路 | トップページ | 単電源から両電源を作るはなし »

2012年3月 9日 (金)

Active Loop Filterのはなし2

Active Loop Filterとは
 PLLの位相比較器からの信号をVCOの可変周波数デバイスにコントロール電圧を送るためにフィルタリングするフィルターで、今回はアクティブ素子を使った回路を検討してみます。
ハード的には
20120309_145927
 右図はアクティブフィルターの回路例で、オペアンプの入出力に1KΩと0.015µFのLPF(ラグフィルター)が入った回路ですが、帰還のラインの R4に直列に 0.15µF が入っています。このコンデンサーで低域のLPF(積分回路)となっていますが、実は PLL回路に使われているこのようなフィルターは、ゲインの周波数特性だけでなく、位相の周波数特性が重要になっており、そのための重要なコンデンサーなのです。
1)普通のゲイン1倍の増幅器では..
 仮にC1をショートしてOPアンプ回路を増幅度1の反転アンプとしてみましょう。このときの特性が次のシュミレーション結果です。
20120309_145407
 ゲインは1倍で、赤色のグラフで示されていますが、2つのLPFによって高域がきれいに減衰してゆきます。位相のグラフは緑色の線で、100mHzで180˚の値が、200kHzあたりで 0˚になるのがわかります。
 ここで重要なのが、反転増幅器で 180˚位相がズレたループ系が、200kHあたりでは 0˚で正帰還のアンプになってしまうことです。このフィルターをPLLで使いますと、たとえば周波数設定が変わって位相比較器が大きく変化した時に正しいステップ応答をせずに、200kHzのリンギングが出てしまい、最悪200kHzで発振したりします。なんとか減衰量を取ろうとして2段LPFを入れたのが裏目に出て、発振する回路になってしまいます。
2)コンデンサーを入れて、低域の変化をつける。
 次が、回路図の通りのコンデンサーを入れた特性です。
20120309_145504
 ゲイン特性は青色のグラフのように低域で1000倍にもなり、ゲインが増えます。しかしながら、100kHzあたりの減衰量は変わらず、このあたりが基準周波数になるように設定すれば、クロックスプリアス除去性能は変わりません。
 ここで、重要なのが位相特性です。低域の位相が約90˚程度で、1kHz付近で +80˚、1MHz付近で -110˚とDC域からの位相差は反転しないので、発振しにくくなるのがわかります。
ソフト的には
フィルターの通過帯域を広げた方が応答速度を上げることができますので有利ですが、リファレンスクロック除去のために減衰特性を上げようと、段数を増やすと位相ズレから発振のトラブルに会いやすくなります。PLLの安定度や位相ノイズ除去特性を考えて設計するには、このようなアクティブフィルターの方がゲインや位相の余裕度で近年多く使われるようになっています。

« 各社PLLループフィルター回路 | トップページ | 単電源から両電源を作るはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/54178641

この記事へのトラックバック一覧です: Active Loop Filterのはなし2:

« 各社PLLループフィルター回路 | トップページ | 単電源から両電源を作るはなし »