SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 低雑音電源回路追加 | トップページ | 日本もまだまだ捨てたものではない...はなし »

2012年1月20日 (金)

ノイズ除去のはなし

ノイズ除去とは
 一般的にマイコンでスイッチを読み取る場合、スイッチにはチャタリングといって切り替え時に接点が短い周期で ON/OFFする物理現象から、接点電圧が短時間にON/OFFする現象があります。これを正確に読み取りたい場合は、抵抗やコンデンサーで時定数を作って、波形をなまらせて対処したり、ソフトウェアで何回か読んで平均化するなどの手法をとります。
Pulsecount
ハード的には
 右図は私がかつて、衛星放送のアンテナアクチェーターの制御時に使ったリードスイッチ型の回転センサとそこから数10m延長した受信部でのパルス信号受信の回路です。
 リードスイッチはモーターの回転に伴って動く磁石で ON/OFFしますが、このスイッチが切り替え時に短い周期でON/OFFするチャタリング動作をします。受信側で時定数を作ってフィルタリングしますが、何かの拍子で結構幅の広いノイズパルスが出る場合も多く、またモーターを動かすための大電流を流すリード線も一緒になっているので、切り替え時はもちろん、モーターの負荷がかかった時にもモーターからのノイズが紛れ込みます。このパルスを使ってアクチュエーターの動いた長さを測定してパラボラアンテナを信号の受信出来る位置まで動かすので、数パルス違っただけでも感度の最良点を外してしまうほどシビアな信号です。アンテナを端まで動かして戻ってくると数回に1回合わなくなる。古い電流を流さないと動かないアクチュエーターに変わるとズレやすいなど、もうすこしで完成するところで、完璧にならずに悩んでいました。
ソフトを見直す
 どうしてもHigh期間中のノイズが取れないので、ソフトで何とかならないか考えました。この回路構成上ではスイッチが ON している時は配線がGND に繋がっているので比較的インピーダンスが低く、ノイズが乗りにくいことがわかります。それで3回続けて Lowだったら Lowと判定することにしました。では High はどうでしょう?普通だったらHighも3回連続でとなりますが、ノイズが多く、HighなのにLowパルスが混じる場合が出てきました。これは抵抗でプルアップしているだけなので、数百Ω程度ではノイズが乗りやすくなるのでした。では Highが3回中2回以上でいいかなと変えたのですが、Low期間になる時にけっこうタイミング的に3回中2回Highのノイズが出てミスカウントは続いてしまいました。
 そこで発想を変えたのです。3回連続 Low 以外は Highと検知して Low期間の後の Lowは続行中、Low期間後Lowが3回連続しなかったら High 期間だとしたのです。3回中2回Lowがあっても High期間とするのです。これはパルス周期がある程度あるので、パルスの幅を正確につかむよりもHigh/Lowが変わったことを検出することが回転数の検出ミスをなくすために重要だったのです。
 ちょっとした発想のきっかけと、ハードの性質を見極めた変更の後は素晴らしい追従性を誇って製品として結構業界でも一目置かれた製品になりました。

« 低雑音電源回路追加 | トップページ | 日本もまだまだ捨てたものではない...はなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/53779288

この記事へのトラックバック一覧です: ノイズ除去のはなし:

« 低雑音電源回路追加 | トップページ | 日本もまだまだ捨てたものではない...はなし »