SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« R-599 AF AMP回路図追加 | トップページ | 明日からはマイクロウェーブ展です。 »

2011年11月25日 (金)

マッチングのはなし

マッチングとは
 アンプなどで増幅するデバイスなどを次段(出力)や前段(入力)とインピーダンスを整合させて、パワーを効率よく伝達させるための手法です。「マッチングをとる」「マッチングが悪い」などと呼びます。
ハード的には
Pi_maching
 よく使われる回路にΠ型マッチング回路があります。これは普通ローパスフィルターに使う回路ですが、伝送路の等価回路としても表現されているように、高周波をマッチングさせるうえで、アンテナカップラー(チューナー)などと呼ばれる装置もこの回路を使用しています。
コイルの両端にコンデンサーをGNDに落とした回路ですが、この回路は実は2つのLC回路が合わさって機能しています。通常のローパスフィルターでは入出力とも同じ値ですが、この回路を2つに分けて考えると、入力と出力を異なったインピーダンスでもコンデンサーを変えることで接合点で同じRとして接続することが出来ます。例えば入力側インピーダンスが容量性(C成分が多い)ならば、入力のC’を減らせば良いですし、逆にL成分が多い場合は入力のC成分を増やしてやります。インピーダンス自体が異なる場合はL'とC'とも両方変えて整合させますが、具体的にはスミスチャートなどで検証するのが良いでしょう。
 この方法はアンプのマッチング調整に応用できます。デバイスの入出力の伝送ライン(ストリップライン)はコイルとコンデンサーで等価できますので、デバイスの近くや、入出力端子にコンデンサーをGND間に増やしたり、減らしたり、もしくはストリッップラインを削って狭くしたりして加工してマッチングをとることで、必要なゲインや帯域特性を得ることが出来ます。
ソフト的には
 わたしもこの高周波分野の仕事に入った当初は、「アンプの調整する」って概念が判らず、いままでのオーディオ関連では歪みの少なくなるようあらかじめ設計されたバイアス調整用の半固定抵抗をまわしたりするのが調整でしたが、高周波ではデバイスの特性のばらつきにあわせてコンデンサーをつけたり、移動したりすることだったのですね。ちょっとカルチャーショックでしたね。

« R-599 AF AMP回路図追加 | トップページ | 明日からはマイクロウェーブ展です。 »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/53331532

この記事へのトラックバック一覧です: マッチングのはなし:

« R-599 AF AMP回路図追加 | トップページ | 明日からはマイクロウェーブ展です。 »