SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« コンデンサーの容量変化のはなし | トップページ | iOS5 »

2011年10月13日 (木)

積層セラミックコンデンサーのピエゾ効果のはなし

積層セラミックコンデンサーのピエゾ効果とは
 ピエゾ効果とは、セラミックブザーなどに使われている原理で、セラミック板の両側につけられた電極に交流信号をかけると振動して音声が出ること、EPSONのインクジェットプリンタのヘッドに用いられているインクをセラミック振動子の力で吹き出すなど、セラミックが電圧によって伸び縮みする動作を利用して実現されている。 積層セラミックコンデンサーも同じような構成なので、印加電圧によって振動して音を出すいわゆる「鳴き」の現象が現れる。特に液晶などのバックライト点灯に使う高電圧のインバーターなどのコンデンサーで数KHzの周波数で駆動した時に音がする現象などがよく現れた。
 鳴いているだけならばまだ良いが、それはコンデンサーが振動していることを示しているので、内部で振動による熱が発生したり、ハンダ付けした部分が振動で徐々にもろくなり、ハンダ付け不良になったりする。Ind_img03
 図はコンデンサーの振動と基板の変形を示しているが、ハンダ付け部分にストレスが加わるのがよくわかる。 京セラの資料によるとこのピエゾ効果(圧電現象)は
1、コンデンサには電気エネルギーを機械エネルギーに,又はその逆に変換する圧電現象を示すものがあります。
1-1. コンデンサに特定周波数の信号が印加されるとコンデンサの寸法で決まる固有振動数が共振してノイズや音が発生することがあります。
1-2. コンデンサに振動や衝撃を加えると,機械力が電気信号に変換されノイズの発生につながる場合があります。 (特に,アンプ部付近での使用には注意が必要です。)
とあり、振動とは逆に高感度の部分に使用した場合、コンデンサーへの振動が電気信号となり、それが増幅されてノイズとなる場合があることを示しています。昔、オーディオアンプのコンデンサーを糸で縛ったり、樹脂で固めたりした記事がありましたが、それらもこの対策ではないかと考えられます。
対策としては
1)コンデンサの誘電体材料を圧電現象のない(又は小さい)低損失のものとするか又は温度補償用 のコンデンサへ変更する。
2) コンデンサのサイズを変更する。
3)コンデンサの使用材料を圧電現象のない(又は小さい)低損失材料使用品又は温度補償用のコンデンサへ 変更する。
4)プリント配線板などの筐体との共振を抑えるためコンデンサの取付け方向を変えるか又はプ リント配線板などの筐体と接着剤でコンデンサを固定する。
など、高周波では2〜3個のコンデンサーに分割して、ロスを減らすなどの工夫が必要ですね。


« コンデンサーの容量変化のはなし | トップページ | iOS5 »

ノウハウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/52981049

この記事へのトラックバック一覧です: 積層セラミックコンデンサーのピエゾ効果のはなし:

« コンデンサーの容量変化のはなし | トップページ | iOS5 »