SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« カップリングとデカップリングのはなし | トップページ | Latch SW のはなし »

2011年8月 4日 (木)

トランジスタから始めよう

トランジスタから始めようとは
CQ出版社の Elactronics & Computer for Beginner シリーズの ECB No.1 トランジスタから始めようで、シリーズ第1弾の本で、2冊目はECB (No.2)
「アナログICを使おう」でした。
 なぜこの本を紹介したいかというと、「もうトランジスターは使っているから」とか「ちょっと応用がきかなくて困ってる」とか「やさしく原理が知りたい」という人に向いているからです。
内容は
1)トランジスタのしくみ
 トランジスタの理論は簡単に、実物を例にその動作を説明
2)使い方
 1石でアンプの作り方、発振器の製作や出力アンプの製作など
3)応用回路集
 3W SEPPアンプ、500mA定電圧回路、3石SEPPアンプ、2石レフレックスラジオ、6石スーパー、TVサウンドコンバーター、AM/FMワイヤレスマイク、LEDウインカ、風呂ブザーDC/ACインバーターやOP-AMPをディスクリートで作るなど特性例と解説が載っていることです。
 これだけだったら、まあよくある解説本ですが、「電子回路の基礎計算」...オームの法則とキルヒホッフの法則からトランジスタのバイアス回路計算法が載っていたり(このトランジスタをダイオードと電流源で表現する等価回路は解りやすい)、増幅回路のインピーダンスの考え方などエンジニアに対して基礎を身につけてほしいポイントがはっきりしているのも優れた点です。
 今はあまり見られないアナログテスターのしくみや使い方などが解説してあり、ちょっと古いかなと思われますが、メーターというアナログ機器を動かしている電流のはたらきや、実効値の考え方など、今はデジタルテスターが多くて、テスターを付けると電圧がドロップすることなんて心配はないけれど、逆に導通をチェックする際に電流によって抵抗値の変わる半導体などの測定に注意すべきことを思い出させてくれます。
ソフト的には
 売れる解説本でなくエンジニアを育てようという意気込みが感じられるのですが、もう絶版のようでAMAZONから中古で探すしかないようです。ユニバーサル基板での配線の仕方なんか実用的ですが、「僕は電子だ」の中の「電子が一番活躍しているのは,実は電子機器の中ではなくて生物の体の中だ、エネルギーや情報を運ぶのは常に電子なんだ...」のくだりは、普段電子機器を設計するのに考えている電子回路の中の電子にくらべ、実は自分の体の中が一番元気よく電子が働いていることを思うとちょっと感動しました。

------------------------------------------------------------------------------------------------
ECB―初歩のエレクトロニクス&コンピュータ (No.1)

« カップリングとデカップリングのはなし | トップページ | Latch SW のはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/52387110

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスタから始めよう:

« カップリングとデカップリングのはなし | トップページ | Latch SW のはなし »