SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« PIN ATT のはなし | トップページ | 製品の寿命について考える »

2011年6月 3日 (金)

完成への努力について

完成への努力とは
 仕事でもそうですが、要求された仕事を完了させた時に、「一応完了したが、これで本当に完成しているか」を時々考えませんか?。プリント基板のレイアウトでも、「バスライン間隔が所々そろっていないけれど、高速バスでないし繋がっているので問題ない」と考えるか、「もう1時間かけても、引き直して最短・等間隔で美しく引き直そう」と思うか...こだわりがある場合がありますね。「このラインを部品面にすれば、スルホールビアなしでいけるのに...どうしよう」なんて悩みも時々あります。
報告書でも20110603_85938
 試作実験などで測定結果をレポートする際に、エクセルの表を打ち出して詳しいデーターを上司に出せばそれで良いのですが、「判りやすいようにグラフを追加しよう」なんて思って追加すると右図のようなデフォルトの表になります。(MAC EXEL 2008の場合)P1dBのパワーのくせに、ずいぶん変動しているんじゃないかと逆に心配されてしまうようなグラフですね。それに単位が入っていませんし、周波数軸の線がないので見にくい点があります。
20110603_91235
 次の図は上記の点を修正して直したものです。各軸に単位を入れて補助目盛り線も追加して判りやすい様にしました。各軸の線の色も濃くして軸がはっきり判るようにしました。グラフ線が1本だけなので右にあった線の説明も省略してグラフ領域を大きめにしました。縦軸も 53dBmから 57dBmとスペックに比べてその全体が判りやすい範囲に設定し直しました。
 これでずいぶん良くなりましたのでオッケーなんですが、もうちょっと努力してみるのはどうでしょう?20110603_91206
 まず第1にタイトルを判りやすいように変えました。他に電源電圧対P1dBなんてグラフがあった場合区別が付きにくいですよね。 そして要求スペックの範囲を赤色で入れてみました。1100MHz〜1300MHzで56dBmを要求されているのが一目瞭然で、1300MHzではスペックにたいして余裕がないのもよくわかります。 上限リミットがある場合もそれらを記載できると良いですね。
 P1dBといっしょに消費電流や効率などのグラフを一緒にする場合は右側に第2軸を設けるのもいいですね。
ソフト的には
 日常の仕事で自分でも「完了した」と思っている仕事に対して、日々忙しいと「これでOK」とせざるを得ない場合が多いと思います。しかしながら仕事の結果を見る人の立場に立つとどうか? もうちょっと向上できる方法はあるんじゃないか?基板を他人にみられたとき「きれいなレイアウトしてるなぁ」と思われたい?
 人よりもう一歩の努力が、自分を伸ばしてゆくチャンスになっていくのではないかと思うのですが...

« PIN ATT のはなし | トップページ | 製品の寿命について考える »

ノウハウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/51841377

この記事へのトラックバック一覧です: 完成への努力について:

« PIN ATT のはなし | トップページ | 製品の寿命について考える »