SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20

Google

  • Google
無料ブログはココログ

« NAKAMICHI DT-550 DC/DCコンバーター回路図追加 | トップページ | ジュネーブとフォントのはなし »

2011年6月28日 (火)

レールトゥーレールOP-AMPの落とし穴

レールトゥーレールOP-AMPとは
以前の記事レールトゥーレール(OPAMP)についてで記載しましたが、OP-AMPには電源いっぱいまで出力出来て、単電源で使える便利なものがあります。今回使ってみて思わぬ見落とした点があったので、参考まで書いてみます。
ハード的には
 使ったのは秋月電子で売られていた2回路入低入力オフセット電圧CMOSオペアンプNJU7062DというOP-AMPです。
 チェックしたところでは 3Vまで使用可能で、レールトゥーレールで入出力出来るものとして使えそうでした。5V電源のCPUのA/Dコンバーターバッファアンプに使うため、単電源 5Vで使用でき、入力が0Vから使用でき、出力も 0Vから 5V付近まで出ることが必要です。
PICが悪いのか?
 PIC18F4550 のアナログ入力に接続し、OP-AMPのマイナス側入力に1.3KΩでGNDに、4.7kΩで出力に繋ぎ、OPAMPではGain= (4.7+1.3)/1.3 =4.6 と 1V程度の入力で使える設計で実験し、入力 0.1V程度で出力 0.5V程度出たので、さっそくプログラムを走らせて確認しました。
 PICは 10BitA/D なので 上位8BIT中2ビットと下位8BITを計算して求めるのですが、どうも上位2BITが0のまま。10BIT値を左詰に設定すれば上位レジスタに値は入りますが、上位2BITは0のまま。ネットで症状を探すと、「古いPICは8BITA/Dなので10BIT時は設定がいる」とかやってみるが改善されず。
原因はOP-AMP?
 仕方がないので、デバッグをやめ、基板を外してOP-AMPの出力を確認してみると、なんとMAX1.2Vで飽和してしまっている!「えー!レールトゥーレールだよねー」と、CPUへの出力ラインを切っても同じなので、本来使用する予定だったµSOP8のちっちゃな AD8616ARMZを変換基板に載せて実験。 これなら万事OKでした。でも完全レールトゥーレールのはずなのに...と、NJU7062Dのデーターシートをよーく見てみると。20110628_91754 こんなグラフが..ありました。要は「出力電流が 100µAまでしか出せませんよ。」ってことです。帰還につかっている 4.7KΩと1.3KΩが出力に繋がっているのでこれが負荷になっていたのでしょう。6kΩ X 100µA =0.6Vなのですが、入力電圧が1V程度に大きいので、ちょうど 1.2Vぐらいで飽和してしまった様です。
ソフト的には
 NJU7062Dのデーターシートをよく見ると
----------------以下引用----------------------
■ 概 要 NJU7061/62/64 は、低入力オフセット電圧を実現した 1 回路、2回路及び 4 回路入りの C-MOS オペアンプです。 低入力オフセット電圧(2mV max)及び低入力バイアス電流(1pAtyp)により、グランド電位近辺の微小信号を増幅することができ ます。
また、動作電圧は 3V (min)と低電圧駆動が可能で、出力は電源 電圧範囲内でフルスイングが可能です。さらに、消費電流は 150μA(typ)/1 回路と低く、特にバッテリ 駆動の各種機器に幅広く応用することができます。
-----------------------------------------------
と微小信号増幅と低消費電力が売りのOPーAMPです。帰還抵抗をあと1桁大きくすれば問題なかったですね。確かに低消費電力のセットの設計で、帰還抵抗で 1mA近く消費する設計はありえませんね。今回ICを外した後でこの原因が解ったのですが、とかくデーターシートには弱点はあまり明確に書かれていないので、そこをチェックできるのが「経験」でしょうかね?高速なOP-AMPでやたら電流を消費して熱くなったり、電源電圧が 15V MAXなどの制限があったり、出力にコンデンサーをつけたら発振したとか..
●今回の勉強.....レールトゥーレールOP-AMでは出力電流能力にも注意が必要。


« NAKAMICHI DT-550 DC/DCコンバーター回路図追加 | トップページ | ジュネーブとフォントのはなし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レールトゥーレールOP-AMPの落とし穴:

« NAKAMICHI DT-550 DC/DCコンバーター回路図追加 | トップページ | ジュネーブとフォントのはなし »