SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« レベルシフトダイオードを使う | トップページ | ダイオード整流回路を使う »

2011年5月17日 (火)

リミッターダイオードを使う

リミッターダイオードとは
ダイオードの順方向の電流特性を利用して、順方向電圧(Vf)以下ではほとんど電流が流れない状態を通常使用状態として、過大な入力時にVfを越えて電流が流れ、結果として出力に過大な電圧を通過させない働きをします。振幅を制限するリミッターとしてダイオードを使用しています。
ハード的には
Limiter
 交流信号に制限をしたい場合は、正負両方にダイオードが必要です。右図の上側は Vf以下の信号を通過させる場合に使用できる回路で、主に高周波信号や1V以下の小信号伝送時の保護に使います。ダイオードをショットキーバリアダイオードなどに変えれば 0.1V〜0.5V程度の振幅に制限することが出来ます。高周波で使用する場合はダイオードの容量に注意しないと直流的にはONしなくても、高周波的にマッチングがくるう恐れがあります。
 下側は主にデジタル回路の過電圧入力に使われるリミッターですが、ダイオードを電源(Vdd)とGNDにそれぞれ接続することによって、Vdd+Vf 以上の場合や -Vfの場合にダイオードがONして電圧を制限します。それぞれのダイオードが繋がる電圧を変えることで任意の電圧に制限することが出来ます。
ソフト的には
 ダイオード以外に過電圧を保護する素子に、サージアブソーバーがあります。最近では半導体で小型なものが出来ています。面実装のガスアレスタなど、入力保護用の素子については入力保護のはなしを参照下さい。


« レベルシフトダイオードを使う | トップページ | ダイオード整流回路を使う »

使うシリーズ」カテゴリの記事

コメント

最近高周波回路を勉強しだした者です。ダイオードには逆回復時間があると思うのですが、リミッターダイオードではどのようにこれを解決しているのでしょうか?100MHz付近の高周波だとどうしてもすり抜けてしまう気がして悩んでます。
リミッタ回路にPINダイオードがよく使われる理由もわからず‥(スイッチング回路なら理解できるのですが)
よろしくお願いします

リミッターなどは電波を整流するのが目的で無く、ある電圧レベル以上になったら導通してONさせる(このとき整流効果は不要)ので、ONしたときにどれくらいGNDにシュートできるかや、通常ONしないときに不要な容量でロスを発生させない方が重要です。
高周波分野では逆回復時間よりは、接合容量(残留容量)や通過抵抗が重要になってきます。 800MHzで使うリミッタダイオードでも逆回復時間は 70nS 程度です。例えば HF帯に使うアンテナスイッチ用のダイオードなどは、整流用のものでも使えます。(ONしたときに信号を切っては困るので、かえって高周波的には整流性能は必要ない)

高周波のダイオードの動きを知るのに以下のページも参考にしてください。

450MHz TX PowerModule & TX/RXDiode SW
http://sudoteck.way-nifty.com/blog/2012/08/450mhz-tx-power.html

整流用ダイオードで RFスイッチのはなし
http://sudoteck.way-nifty.com/blog/2012/09/rf-f788.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/51693724

この記事へのトラックバック一覧です: リミッターダイオードを使う:

« レベルシフトダイオードを使う | トップページ | ダイオード整流回路を使う »