SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 水晶発振子の負荷容量のはなし | トップページ | ジャンル別のまとめを予定 »

2011年4月19日 (火)

RS232Cのはなし

RS232Cとは
 シリアル通信の代表的な規格で、昔は電話線モデムなんてものとPCと繋いでインターネットやパソコン通信をしたので、このシリアルポートは必須だったが、最近はEtherPort が標準(WiFiのほうかも)なのであまり見かけなくなりました。現在でもUnixサーバーにログインしたり、周辺機器にはRS232Cポートでデーターを入出力するものもありますので、USB-RS232C変換器なんてものが使われます。
ハード的には
1)信号線の種類
最小単位では 送信線が TXD 受信線が RXD と共通グランド GND の3本で構成されます。場合によってはPC側が CTS( Clear to Send )「送って良いよ」とかRTS( Request To Send )「送って下さい」とか DTR(Data terminal Ready)「準備できてます」などの線が必要で、端末側でサポートされていない場合は、Highか Lowに繋がなければいけない時があります。
2)信号レベル
±12Vの電源で使われたことによって、だいたい±10V程度の信号レベルで通信しています。
実際の閾値では MAX232 などのドライバICの規格で見ると最小 ±5V Lowレベルが 0.8V Highレベルが2V程度のようです。20110419_220234レベル変換ICを使わないで、簡易的にトランジスタでドライバを構成することもできますが、あまり速いスピードはスピードアップコンデンサーなどが必要で結構難しいようなのです。2石で出来ますので覚えておくと便利ですね。基本的にドライバICはインバータータイプです。ですからマイコンでのシリアルポートの説明は通常High でスタートビットがLowとなっていますが、RS232Cコネクタでの信号レベルは通常時 -8V程度で、スタートビット時は+8VのHighになっています。ここが混迷するポイントの1つですね。
ソフト的には
RS-232Cにはスピードを示す ボーレートがあり、 300ボーとか 9,600BPSとか規定されます。最近ではもっと早いのが標準ですね。他に データー長は 7Bit か 8Bit 英語圏では 7Bit で文字を送れるのでそれで十分な場合もありました。ストップビットとかパリティビットなど設定は多いのですが、それらは他の詳しいサイトを参照下さい。8Bitでもスタートビットとストップビットは必須なので1文字送るには10Bit必要です。300BPSでは1秒に30文字、日本語だったら15文字しか送れないので、昔のパソコン通信ではいかに短く送るかが問題でした。現在も残るメールの Re: とか Fwd: なんか短縮のなごりですかね...


« 水晶発振子の負荷容量のはなし | トップページ | ジャンル別のまとめを予定 »

基本を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/51438645

この記事へのトラックバック一覧です: RS232Cのはなし:

« 水晶発振子の負荷容量のはなし | トップページ | ジャンル別のまとめを予定 »