SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 電流帰還型OP-AMPを考える | トップページ | 水晶発振子のはなし »

2011年4月11日 (月)

トラ技付録「コイルを使う人のためのお話」を読む

今月2011年5月号のトランジスタ技術はアナログ&パワー回路の特集ですが、付録の「コイルを使う人のためのお話」はなかなか良かったので、感心した部分を紹介したいと思う。
ハード的には
1)まずコイルのお話しだけで冊子にするのがすばらしい。著者はサガミエレク(株)の星野さんという方。現場の技術者のお話は大変参考になります。
2)コイルとインダクターの違いで、やっぱりコイルの方が広いという概念。電流を蓄える超伝導コイルもコイルだけどインダクターとは言わないですね...
3) 2−3章で書いてあるのがコイルの電流規格。
 (1)電流を流して発熱し、破損する限界の電流 [温度上昇電流]と(2)インダクタンスの低下が大きくなる電流値[直流重畳電流]が区別されている点。コイル業界では(1)と(2)の小さい方を「定格電流」と呼ぶそうです。確かに多少インダクタンスが減っても電流を流したい分野もあるし、これは使用する時にどちらかよく分かっていないと「壊れないけど実はインダクタンスがガタ減り」なんてこともあるという話ですね。
4)巻き数とインダクタンスの規定値では 疑問が晴れました...
コイルの巻き数の2乗でインダクタンスが増えるので、仮に7Tで 3µH として、8Tでは3.9µH,9Tでは4.7µH 10Tでは 約6.2µHとなってしまい、中間の 5.6µHが1ターンずつの巻き方では出来ないそうです。
なんかインダクタンスが飛び飛びだなーって感じはあったけど理由が分かって納得しました。
中間のインダクタンスがほしい場合は空芯コイルで作るなら 稚拙のiOSソフト FilCalc に空芯コイル計算ソフトが入っていますので、是非お試し下さい。
Filc_coil
5)あと2−10章でコイルを金属から遠ざけるとQ値が上がるという項目。Hi-Q品はコイルのボビンが基板接着面より上側という理由がここで解明されています。
6)5−2章では被覆をとらずに半田付け出来る電線もある..
 これは知っていました。便利ですが、こてがコイル表面に触って溶ける危険もありますので、注意が必要です。
ソフト的には
今回のトラ技はアナログ回路情報が満載ですね。これで950円は安い。
最近トラ技シリーズをおいてない本屋が増えて悲しいです。最近は東京に行くたびに秋葉原は中古店か本屋に通ってます。けっこう本は高いけど...

« 電流帰還型OP-AMPを考える | トップページ | 水晶発振子のはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/51364535

この記事へのトラックバック一覧です: トラ技付録「コイルを使う人のためのお話」を読む:

« 電流帰還型OP-AMPを考える | トップページ | 水晶発振子のはなし »