« FlipFlopのはなし | トップページ | CMOS VCOのはなし »

2011年2月 3日 (木)

YAESU FT 0NE  ミキサー部回路図追加

SCHEMATICS に YAESU FT 0ne のミキサー部を追加しました。
ダブルバランスドミキサーを NECの4個組みのショットキーバリアダイオード ND487C2-3R を使って構成しています。
 DBMの使い方で重要な点は、全ての端子がきちんとインピーダンスにマッチングした状態で使う必要があることです。マッチングしないと相互変調やダイナミックレンジなど理想的な特性が得られません。この回路では入力とローカル入力にアッテネーターを入れてマッチングの不整合に対応しています。またマッチングが悪くなる大きなデバイスとしてIFのフィルターが上げられます。フィルターの通過帯域は良くてもそれ以外の周波数はほぼ全反射になってしまうので、IFフィルターを直接繋いだ場合にミキサーのイメージ周波数などが全反射してミキサーに戻り、さらにスプリアスなどを生じてしまう悪影響があります。このセットでは間にゲート接地のバッファアンプを入れてこの問題を解決していると思われます。Ft1_mix


|

« FlipFlopのはなし | トップページ | CMOS VCOのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAESU FT 0NE  ミキサー部回路図追加:

« FlipFlopのはなし | トップページ | CMOS VCOのはなし »