« デカップリングコンデンサーのレイアウト | トップページ | Active DBMのはなし »

2011年2月14日 (月)

抵抗のはなし

抵抗とは
電流を制限したり、電圧を分圧したり、高周波ではアッテネーターを作ってマッチングを合わせたり、レベルを合わせたり多様な働きをします。
ハード的には
Images一般的には図のようにリードが両方に出たタイプのものがよく知られていますが、このようなタイプには「金属皮膜抵抗」と「ソリッド抵抗」、「巻き線抵抗」があり、ソリッド抵抗を除いては被膜に切り込みを入れたり、巻き線だったりするので、高周波的にはインダクタンスが多く、高い周波数では使われない。通常1W以上の大型のものもサイズが大きく上記の理由でインダクタンスが大きいので数MHz以下の用途にしか使われない。一方SMD型の抵抗は小型ならば周波数特性も良好で高い周波数で用いられる。Images1
 抵抗の単位はΩ(オーム)で、1000Ωが 1kΩ、1000kΩが 1M(メガ)Ωとなっている。さらに小さい抵抗値では電流測定などの用途に使われる 0.001Ωで 1mΩの単位が用いられている。
 1Ωの抵抗に1A(アンペア)の電流を流すと電圧降下が 1Vになり、電力は P = E x I なので、1V x 1A = 1W の電力が消費される。
ソフト的には
A/Dコンバーターなど電源電圧を分圧して監視する際に抵抗を使いますが、許容誤差に注意をしないと思わぬ誤差が生じます。50Vの電圧を1/10にしてマイコンで測定しようとした場合に 5%誤差の抵抗を使っても 50Vが 52.5Vから 47.5Vの測定誤差が出てしまうことになります。A/Dコンバーターに 12Bitなどの高性能なものを使っても思わぬところで誤差が出てしまうので使用場所と精度にはご注意下さい。

|

« デカップリングコンデンサーのレイアウト | トップページ | Active DBMのはなし »

基本を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抵抗のはなし:

« デカップリングコンデンサーのレイアウト | トップページ | Active DBMのはなし »