« 検波用ダイオードのはなし | トップページ | RF Power ATT のはなし »

2011年2月22日 (火)

IC-756 VCO Unit 回路図追加

SCHEMATICS にICOM IC-756 のVCOユニット回路図を追加しました。
IF周波数が 69.0115MHzと高くとっているため、ローカル周波数のVCOとして広帯域にする必要があるため、3つのVCOを切り替えてVCOUnitとして構成しています。それぞれのVCOユニットは2SK508のゲート接地の発振器を使っており、ソース抵抗の部分をDC的にトランジスタで ON/OFFすることによってVCOを切り替えています。コイル部分だけを切り替えたりする場合と違って、最適なバリキャップ(可変容量ダイオード)を選択できますし、共振部分に不必要なスイッチによる抵抗成分がないため、発振のQを高くとることができますので、位相ノイズやスプリアスの点で有利な回路だと思います。電源にはリップルフィルターを使って電源ノイズを減らしています。Ic756_vco


|

« 検波用ダイオードのはなし | トップページ | RF Power ATT のはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC-756 VCO Unit 回路図追加:

« 検波用ダイオードのはなし | トップページ | RF Power ATT のはなし »