SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« ポテンショメーターのはなし | トップページ | ストリップラインデバイダーのはなし »

2011年1月24日 (月)

UHF発振器のはなし

UHF発振器とは
UHF(300MHz 〜 3GHz )の周波数の発振器ですが、今回昔ジャンクで買った古い テレビ用 UHFコンバーターを見つけたので、その内部のUHF発振部分をチェックしてみたいと思います。
ハード的には
そのUHFチュナーとは以下のものです。Uhf_tu
 下側の金属が重なった部分がバリコン(バリアブル・コンデンサーの略)ですが、これがシールドケースで全体で3つの部分に分かれていますが、このいちばん右側の部分が発振部と思われますので、部品の配置や抵抗値をチェックして、実体配線図と、回路図を起こしてみました。Uhf_osc
 中央の白い薬の錠剤みたいなものはトランジスタで、昔の高周波用のものはこの形が結構使われました。そのコレクタ(C)からディスクコンデンサー(茶色に半田がもってあるもの)の反対側が共振用の金属片に繋がっています。コレクタはまたチョークコイルを介してVccにも繋がっています。
 エミッター(E)からは1kΩでグランドへ、ベース(B)からは同じくディスクコンデンサーでGNDに繋がり、GNDへは1.8kΩ抵の抵抗で、Vccへは 5.6kΩの抵抗でバイアスがかけられています。
 発振回路としては通常エミッターからコレクタへの帰還コンデンサー(回路図上の黄色のC)が必要ですが、見あたりません。よーくみてみると、エミッターと抵抗との半田付けが玉のようになってかなり大きいのがわかります。この半田と、コレクタのディスクコンデンサーの半田面との空間容量で帰還コンデンサーを形成しているようです。
 このチュナーの発振部は500MHz〜800MHz付近を発振していると思われますが、内部をキャビティのように共振させてシールドケースに穴をあけた部分で結合していると思われます。周波数を変化させるバリコンは三日月型で、周波数に対して直線的に変化するよう工夫されていますが、今ではほとんど見られなくなりました。バリコンの上側に銅板が半田されていますが、これはバリコンとGNDで容量を作って容量値を調整するトリマーコンデンサーの役目をしています。
ソフト的には
中央と右側を通して透明なチューブの中にダイオードが入っています。この右側のリード線が長めになってシールド板に半田づけされ、左側でも長めに半田付けされ、出力端子に繋がるコイルに接続されています。右側で発振電力をカップリングして、左側の入力信号とダイオードの非直線領域を使ってミキサーとして機能しています。いちばん左側は入力部ですが、アンプはなく300Ωにマッチングしたコネクタだけのようです。ちょっとあまりにも古いので映像IF出力するものか、VHFにダウンコンバートするものか不明ですが、RFアンプが無い点から後者ではないかと思われます。
 実はこのバリコンに興味があって 144 or 435MHzのプリセレクタができないかと思って買っておいた物ですが、使われずに眠っていました...

« ポテンショメーターのはなし | トップページ | ストリップラインデバイダーのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/50673741

この記事へのトラックバック一覧です: UHF発振器のはなし:

« ポテンショメーターのはなし | トップページ | ストリップラインデバイダーのはなし »