SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | バランのはなし »

2011年1月 3日 (月)

dB(デシベル)のはなし

dB(デシベル)とは
[deci Bell ]で Bは電話の発明者 Graham Bell から付けた名前で、deci は1/10を表す接頭語。「デービー」「デシベル」と呼ばれます。10を底とした対数なので、幅広い値を指し示します。
ハード的には
About_db デシベルには色々な表記があり、使われる分野で異なった表記があります。
 まずdBcですが、これはキャリアー(c)からの比率を表します。スペアナなどでスプリアスなどの値を表示するのがポピュラーですが、通常50Ω系で測定していますので電力比を示します。
 次にdBiですが、これはよくアンテナのゲインなどで表現されます。1/2λダイポールアンテナを基準にする場合はdBdと表す。0dBd=2.14dBiとダイポールより大きな値となります。
 dBmは 1mWを 0dBmとした電力の単位です。電力なのでmWで示したときの0の数を考えるとW単位と比較しやすい。1W=1000mW = 30dBm
 dBv(小文字のv)やdBsは主にオーディオでの600Ω系の信号に使われます。0.77Vが 0dBsで[ VUメーター]の0dBがこの電圧に合わせた覚えがあります。
 dBµは受信機の感度などを示す電圧単位で 1µV = 0dBµ ,0dBµVとも表示されますが、最近SGなどの負荷を付けない電圧の単位で 1µVEMFと指定されています。負荷を繋げた場合 6dB落ちますので、この出力表現で開放か、負荷を付けた時か、どの状態をいうのか厳密になってきました。
dBVは 1V = 0dBV で電力関係の分野で dBW などとともに広く使われています。負荷抵抗が必ずしも50Ωでない分野は結構ありますね。
ソフト的には
 単純に dB と書いた場合は大きさの比になりますが、実際の示す単位が電圧なのか電力なのかでその倍数が異なりますので、注意が必要です。電圧で2倍ならば 20Log2 =6dB 電力ならば 10Log2 = 3dB と同じ2倍を示していてもdBの値は異なってしまいます。高周波エンジニアでも受信機から入った人は受信感度は dBµ(dBµV)で表す電圧単位が一般ですので2倍の入力というと 6dBを思い浮かべますが、パワーアンプから入った人は電力 dBm 表記が普通なので2倍の出力は 3dBって思い浮かべるのが普通です。dBだけのはなしでは電圧を言うのか電力なのか注意して話しましょう。

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | バランのはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/50478150

この記事へのトラックバック一覧です: dB(デシベル)のはなし:

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | バランのはなし »