« 定電流ダイオードのはなし | トップページ | マイクロウェーブ展2010に行ってきました »

2010年12月 8日 (水)

YAESU FT-ONE 受信回路追加

SCHEMATICS に YAESU FT-ONE 受信回路を追加しました。
 アンテナから入力された信号は送受信兼用の10種類のBPFを切り替えて、PINATTに入力されます。これは RF-AGCとして強入力に対するATTとして働いています。高周波増幅段はFETでなくバイポーラのトランジスタを2時歪みとダイナミックレンジ拡大に有利なプッシュプル回路で使い、しかも13.5Vという高い電源電圧で使って直線性を稼ぎ、抵抗で NFBをかけて使用しています。 IF は 73.115MHz として、73.265MHz〜103.11499MHzという高い1st Localを使って発振帯域をかせぎ、高帯域受信機を実現しています。 実際はBPFやIFのミキサなど送受共有するためのダイオードスイッチ回路が組まれていますが、簡略して記載しました。

|

« 定電流ダイオードのはなし | トップページ | マイクロウェーブ展2010に行ってきました »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAESU FT-ONE 受信回路追加:

« 定電流ダイオードのはなし | トップページ | マイクロウェーブ展2010に行ってきました »