SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« ICOM IC721 RF & MIX 回路追加 | トップページ | DiodeSWのはなし »

2010年12月21日 (火)

RF IP を考える

RF IP とは
[Radio Frequency Intercept Point ]高周波妨害点?で受信機の評価などで使われる指標です。IIP3というと入力3次歪み[Input IP 3rd]で OIP3では出力3次歪み[Output IP 3rd ]の略で、3次歪みレベルと希望波レベルが同じになるレベルをさします。
ハード的には
Rfip図は受信部のブロック図です。入力部のBPFによってある程度妨害波(f2)を減衰することが出来ますが、入力でのフィルタは単一周波数・バンドの無線機はヘリカルフィルタなどで比較的狭い帯域で減衰特性も良いですが、帯域外であっても移動無線機などは近くの放送局や移動局などによって希望する信号よりも妨害波の方がかなり大きいことがあります。妨害波の除去が十分でないと次段のアンプは妨害波の方を主として増幅してしまい、通常希望波だけならば歪み無く増幅できるレベルを大きく超えてしまうことになります。仮に出力レベル +10dBm可能なアンプでも妨害波と希望波を同じレベルで増幅する場合は、2つの信号あわせてトータル出力+10dBmなので、各々では +7dBmずつになってしまいます。この現象はいままで普通に受信できていたのに、妨害波が来た瞬間アンプが飽和してしまい受信レベルが落ちる(感度抑圧)される現象として現れます。
 このような現象を防ぐには、アンテナ直後のフィルタを強化する事も必要ですが、同じバンド内信号には効果ありませんので、受信機のIPを上げるしかありません。これはAMPのIPを上げることだけでなく、その次のミキサーのIPも上げないとミキサーで歪みや感度抑圧が出てしまいます。そのためにAMP段やミキサーをプッシュプルにしたり(プッシュプル回路自体で2次歪みを改善します)、FETをパラレルにしたりして最大出力電力の向上をします。またミキサーでの歪みを防ぐには、逆に前段のAMPでの増幅度を多く取らないことも有効ですので、スイッチでRFAMPをスルーにしたり、はじめからRFアンプを付けない無線機も見受けられます。最近では高IPのダブルバランスドミキサーなどを使っていますが、高IPには十分なLocalドライブが必要なので、アンテナへのLocal漏れなどの対策も必要になっています。
ソフト的には
 昔アマチュア無線機で初段に優れたヘリカルフィルターを入れたものが開発され、そのIP特性の良さなど評判になりましたが、使った感じでは感度がいまいちでした。確かに都会で多くのノイズ環境の中では優れた性能だったかかも知れませんが、私の住んでいる田舎では出ている局そのものが少なく、混変調特性よりも感度があった方が良かったのかも知れません。切れのよいヘリカルフィルターはどうしても通過帯域でのロスが増えてしまうので、そのへんもネックだったのかと思います。

« ICOM IC721 RF & MIX 回路追加 | トップページ | DiodeSWのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/50358052

この記事へのトラックバック一覧です: RF IP を考える:

« ICOM IC721 RF & MIX 回路追加 | トップページ | DiodeSWのはなし »