SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« CEATECで見つけたはなし3 | トップページ | T-599変調回路追加 »

2010年10月14日 (木)

CEATECで見つけたはなし4

裸眼3Dテレビのはなし
裸眼3Dテレビは、いわゆる3D眼鏡がいらないで3Dに見えるテレビで、今回CEATECで各社から出ていました。
ハード的に
画面にレンチキュラーシートと呼ばれる凸レンズがあり、そのレンズの働きで右目と左目で異なる画素がみえるようなしくみです。レンズを使っているのでその画素がきちんと見える範囲が限られており、また左右の画素画がきちんと立体的に見える範囲も狭くなります。東芝のものはCELLという高速なCPUを使って9カ所から見ても立体感が出るように9種類の立体画像を計算で算出して表示しているそうです。Img_glassless3d_04そのため広い3D感覚と視野角が実現できているそうです。実際に見ることが出来たSharpの20インチは多くの視点に対応していないようで、中央の1点のみで3Dに見えました。また携帯サイズのものはよほど近くで見ないと3Dにならないようで、うまく見ることが出来ませんでした。3D眼鏡で見る場合は視点としては1カ所のみなので東芝としてはこの多視点を売りにしているようです。
 しかしながら問題点があるようです。展示したのが暗くしたブース内だったのは多視点によるマイナス面だったのではないでしょうか?多視点のために見ていない画素の発光は目に届かないことになり、その分の明るさは失われてしまいます。今後バックライトの強化や視聴者の位置に従って視点を減らす・移動させるなどの技術で改良されるのではないかと思われます。また当然水平方向に多視点用の画素を配置しますので水平方向の分解能が甘くなり、ボケた画像になってしまいますが、これも画素の細密化で改善されてゆくと思われます。
ソフト的には
もちろん3Dで見たいようなソフトの充実ですね。個人的にはグランツーリスモ5のようなゲームにはなかなか良いんじゃないかと思います。無理に3D表示を強調するのではなく、未来のテレビ画面のインターフェイスとしてチャンネル表示や字幕などがちょっと浮き出て見えるなんてのも、裸眼3Dであまり目の疲れない応用手法ではないでしょうか?


« CEATECで見つけたはなし3 | トップページ | T-599変調回路追加 »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/49738571

この記事へのトラックバック一覧です: CEATECで見つけたはなし4:

« CEATECで見つけたはなし3 | トップページ | T-599変調回路追加 »